HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛同棲時代

借金返済の為にアルバイトをしたいと社長に伝えた結果

 

どうもなっつです。

 

本来、僕の勤めている会社ではアルバイトは禁止されているのですが、社長との面談があるということでアルバイトをしたいと伝えてみる。

ということを前回の記事では言いました。

 

 

伝えた結果を先に言います。

 

社長との面談で借金などの支払いが今貰っている給料だけだととてもじゃないけれど生活が厳しいと伝えました。

僕の言った言葉に対しての回答は「考えておく」とのことでした。

 

そもそもアルバイトを禁止にしている理由

f:id:pprp:20180329013337j:plain

「考えておく」以外にも「仕事に支障が出てしまっては困るからアルバイト禁止している」と言われました。

確かにそうですね。

アルバイトをすることで本業に支障が出てしまっては元も子もありません。

 

ただ、僕は社長の回答に絶望するしかなかった

f:id:pprp:20170319184059j:plain

今すぐにでも借金を返したい。できるなら1年半くらいで車のローンと奨学金以外はなんとか返済したいという考えがある。

「生活が苦しい」

そう伝えても「考えておく」との言葉で終わらせられてしまったこと、「会社で頑張った方が借金返すの早いかもよ?」とも言われた。

 

つまり、アルバイトが出来ないから会社で頑張って給料を上げるしかない。借金を楽に返済していけるような給料にするには相当な時間が必要になる。

給料以外に月に15万円ほどの収入があれば今よりはかなり楽に借金を返せる計算になる。

一体、楽に返済できるような給料になるのはいつなのだろうか?

30代?40代?

そもそもその時ですら給料が15万円も上がるのだろうか?

いろいろな不安や疑問が頭の中を駆け巡った。

 

答えはまだ出ていないにしても、どんな理由であれルールはルール通りな世界(会社)なんだなと思った。結局はそれが正しいのかも知れない。そもそも、僕が勝手に借金をしただけであって会社にはなんにも関係ない。関係ないことのために例外として認めるわけにもいかないのだろう。

例外を認めてもらえたとしても、基本的に平日の仕事終わりに働いたりすることは認めてもらえないのだろう。
そうすると、働けるのは金曜の夜、土曜、日曜日に絞られてくる。つまり週3勤務のバイトしかできない。1日8時間働いたとして、3日で24時間、1ヶ月96時間、時給が900円だと計算するなら1ヶ月の給料は多めに考えても86400円になる。


これでは1ヶ月15万の収入には7万円も足りない。

 

ブログに来てくれた人全員が、広告を気になって見たり
全国の人から一人1円ずつもらえたり
宝くじ当たったり
会社が貸しとして、借金を建て替えて変えてくれたり
とかそんなことが起きればいいのにな~なんて正直思ったりもします。

そんなことは絶対にないんですけれどね。

 


普通に頑張って27歳までには借金を返済、そして心に曇りの無いまま外を歩きたい。


そう切実に思う。

 

 さぁ、今日も頑張ろう。

 

Suicaで会社に入場【間違えてタッチ!!】

 

 どうも、なっつです。

 

 会社に入る時にICカードを使うんですが、「あれ?会社に入れねーんだけど(笑)」って不思議に思いながら僕は手に持っている社員証をタッチしまくった。

 

 

「ビィーービィー!!!」

 

 

 ーーちょっ、なんで入れないのさ(笑)

 

 

 

 不思議に思いながら手に持っているカードを見てみると

 

 あら、かわいいペンギンが描いてあることーーSuicaでタッチしてた(笑)

 

f:id:pprp:20180416124955j:image

f:id:pprp:20180416125040j:image

  ーーいや、そうでもなかった。

 

 

 このペンギンの顔が何かに似ているんですよねー

 

んーー・・・

f:id:pprp:20180416125040j:image

んー・・・・

f:id:pprp:20180416125040j:image 

f:id:pprp:20180416125040j:image

こるぅぇだぁぁぁぁ!!

f:id:pprp:20180416173541j:plain

【ミスターポポ】

ーー超サイヤ人の悟天とトランクスの2人を相手に普通に戦った頭のおかしい人。フリーザはお前が倒すべきだった

 

 

ねぇ?似てませんか?この顔!!

 

特に目ですよ!目!!

 f:id:pprp:20180416175330j:plainf:id:pprp:20180416175521p:plain

 

なんというほどに目が丸いのでしょう、目に破壊力がありすぎる!!そして顔も暗い!!

ここまでミスターポポらしい顔面なんてそうそう無いのではないだろうか!

 

皆さんもSuicaの顔面とミスターポポの顔面が似ていると思いませんか?!

 

 

 

スロットを辞めてからの借金返済の状況

 

 ギャンブルをこの記事を書いた日以来、完全に辞めました。 

www.irukasan.com

 

 辞めてからの返済状況ですが、特に何も変わっていません。ただ、減ってりする可能性も増えたりする可能性も0なので安定と言えば安定なのかも知しれません。

 

 給料もらって支払いをして、残りは母にお金をすべて渡す。その繰り返しの毎日になっていくのでしょう。

 

 しかし、問題が発生した。

 

 給料明細を見て僕は初めて気が付いた。

 

 

住民税が引かれていない。

 

これはかなりやばい。

 

 

今のところ住民税の催促は来ていないから助かっているものの、催促が来たら本当に同仕様もなくなる。

 

 

f:id:pprp:20170908151927j:plain

 

 そう、もう本当に降参ですわ。

 

 結局、ギャンブルを辞めた今となってはやるこtとが無くなった今はお金を増やす方法は働く一択しかない。

 

 しかし、会社の規則で「アルバイトなどの副業をすることは禁止」とされているので困った事になっている。

 

 どうしようもない状況だ。

 

 幸い、数日後に社長との面談がある。

 

 そのときにでもどうにかアルバイトをできないか相談してみたいと思う。

 

 良いと言ってくれるはずだ。

 いや、言ってくれなければ困る。

 多分、いや絶対にアルバイトができなければギャンブルをしない限りお金なんて増やせないのでまたギャンブルにそのうち手を出してしまうだろう。

 それだけは避けたい。いや、ギャンブル以外に債務整理や自己破産などの選択肢もあると言えばある。

 本当なら債務整理していなければならない金額であり、そういった状況でもあると思う。

 

 いろいろな人に助けられてきた、そのおかげで僕はここまでなんとか債務整理などをしないで生きてくることができました。しかし、すでに来ている国民年金保険の請求とこれから来る住民税の請求でかなり追い詰められた状況になっています。

 

f:id:pprp:20180206074850j:plain

 

  ーー安心しろ、今に始まったことではない。

 

 ここまで生きてこれたのは、皆さんがこのブログの記事を読んでくれてたまに発生する収益のおかげでもあります。

 何度も収益に助けられました。

 いつも読んでくれている方やたまたま読んでくれた方に感謝しています。

 「本当にありがとうございます。」

 

 とにかく、今どう考えても仕方ないことなので借金をと住民税などの支払いはアルバイトの許可をしてもらえるか、してもらえない家によって考えることにする。

 

 数日後、アルバイトの許可がどうなったのかを報告したいと思います。

 

 どっかの妖怪人間みたいなことを言うわけじゃないけれど、「早く普通の人間になりたい!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコのポイ捨てが無くならない理由を考えてみた。

 

 道を歩いていたり、会社の清掃活動をやっていると思うことがある。

 

 「タバコ落ちすぎじゃね?!」

 

 もう近ごろはタバコをスペースが決められている程、タバコを吸う人にとっては肩身がどんどん狭くなっているような気がする。

 それでもルールをしっかり守ってタバコを吸っている人もいれば、普通に人が大勢通る道のど真ん中をタバコを持ちながら歩くおじさんを多く見かける。

 

 正直、そういった場面をみると後頭部にチョップをしたくなってくる。

 

 そもそも、タバコをポイ捨てする人はどんな気持ちでポイ捨てしているのかがとても気になって気になって仕方がなかった。 

 

 「ポイ捨てしているときってどんな気持ちでやっているんですか??(・∀・)」

 

と聞く勇気は流石にないので自分で勝手に考えてみた。

f:id:pprp:20180413151228j:image

 

 ーー頑張って考えてみます。

 

 ポイ捨てすることに罪悪感がそもそもない

頑張って考えたけれど、これしか浮かばない。 捨てるのが楽しいとかポイ捨てしたら何かの餌になるから良いだろうなどいろいろ考えてみたけれど、一番的確なのは【罪悪感がない】という答えにたどり着いた。

 

そうだよね、罪悪感があればそもそもポイ捨てなんてしないよね。

 

YouTuberの動画とか体験談などをみると、どこまで本当なのかわからないやつもあるけれど、注意されたら逆ギレするなどあるということは結局自分の事しか考えてないんだろうなと思わされる。

 

 言ってしまえば、自分がゲームの主人公みたいな感覚なんだろう。
 警察に捕まるようなこと以外なら許される。注意されれば、【モブキャラごときが注意してくんじゃねえよ!】みたいな考えなんだろうか。

 それとも他の奴もやっているから良いとでも思っているのだろうか。


 僕は勝手にそうやって想像してみた。

 

ポイ捨てをしているのがおじさんばかりなのも気になる

 歩きタバコももちろん、ポイ捨てを普通にしているのはおじさんばかりな気がする。

 気がするというより、ポイ捨てしている人をみると大抵の人がおじさんだーーたまたまかもしれない。

 

 

 

結局、ポイ捨てする人は何を考えているのかよくわからん。

 僕はアルバイトとして友達の代わりに朝パチンコ屋に並んだ。 

 

 椅子に座って順番待ちしているとジャンプを持っているおじさんが僕の次の順番に来てタバコを吸い出した。

 

  モンストをやっていると白い物が地面に落ちていくのが視界に入った。

 タバコを踏んで火を消している。

 

 ーーそうか、火を消すために1度地面に落としたのか。

 

 タバコを踏んだ後、どんな行動をするのかが気になった僕はジャンプおじさんを見ていた。

 

 普通にジャンプ読み始めた。

 

 そして、タバコの火を消せてない。

 

 このおじさん、減点だらけだわ。

 

  数分後にもう一本タバコを吸い始めた。

 

 「なるほど、まとめてタバコを捨てに行くためにさっきは放置したのか。」

 

 少し納得しながら様子を見てみた。

 同じようにタバコを地面に落ちて踏みつけたら放置。

 

 ーー結局、このままタバコを拾うことなく開店時間になった店に入って行った。

 

 よくもまあ、周りに人がいる中でタバコ捨てて放置できるわ。

 

 こんな状況でも堂々とタバコを捨てる人がいるのだから、ポイ捨てなんていくら注意しても無くなるわけないよね。

f:id:pprp:20180413150206j:image

 

初心者におすすめのブログサークルを1年以上続けた感想。

 

どうもです、なっつです。

 

突然ですが、皆さんは【ブログサークル】というブログをやっている人専用のSNSを知っていますか?

 

ブログを始めたばかりの頃(1日のPVが5とかだった)、ブログを見てくれる人の少なさに絶望してやる気が徐々に減っていった時、たまたまこのブログサークルというSNSを見つけて藁にもすがる思いで登録したことを今でも覚えています。

 

個人的にはブログサークルの事を知って、「どんなサイトなんだろう?」と思って検索した結果この記事を見て、特にブログを始めたての方にとってなにかしらの参考になれば幸いです。

 

続きを読む

人は洗脳されて生きているらしい

 

 「人は洗脳されて生きている」

 

 僕が元カノにAmway(アムウェイ)の本社へ連れて行かれた時、話を聞いている大勢の前でそう言った人がいた。

 

 その言葉に対して「ん?」という反応を皆はしていたが、次の言葉で「なるほど!!確かに俺(私)たちは洗脳されている!!」と簡単に納得をさせられてしまった。

 

 そして彼は、皆の前で財布から1万円札を取り出し、「では、これから皆さんが洗脳されて生きているという」話を始めた。

続きを読む

KAT-TUNが活動休止したあの日

2016年、僕が好きだったKAT-TUNは活動休止した。正直、活動休止と発表したときはあまり実感がわかなかった。「そうなんだ、残念だなー」くらいにしか思っていなかった。

ただ、実際に活動休止前のコンサートに言ってみると「もしかしたらこれでKAT-TUNは終わるのかもしれない」なんて思っていた。そして、三人になってしまったKAT-TUNは果たしてどうなのだろうか??特に歌はどうなっているのだろうか?そんな思いもあった。

しかし、一曲目を聞いて思ったーー以前よりも力強さが増している気がする。

だから僕は安心した。安心したと同時に「あぁ、そっかKAT-TUNは活動休止するんだよな」と改めて実感した。

初めて行けたKAT-TUNのコンサートで嬉しい半面、活動休止という寂しい気持ちもあった。

KAT-TUNの曲で【4U】という曲があるーー僕が一番好きな曲だ。

出だしのソロパート(田口)を亀梨が担当していたのを聞いて鳥肌が立った。

この曲は4人時代の曲で、4Uを聞いていると「ずっと4人でやっていくんだろうな」と思わさせられるような曲だったこと、それ以外にもなんだかいろいろな気持ちがこみ上げてきて気づけば涙が出ていた。

コンサートが終わってからはものすごくさみしい気持ちだった。

辛い時、苦しい時に支えてくれていたKAT-TUNが一時とはいえ、消える。

何を楽しみに生きればいいんだろう。そんな感じでもあった。

とにかく、活動休止してそのまま解散なんてことにならずに戻ってくることを願った。

 

KAT-TUNが活動休止してからはいろいろなことがあった。そのいろいろとは、このブログの至る所にしつこく書いている。

 

毎年観ていたジャニーズカウントダウンだったけれど、KAT-TUNが出ないから観る気も無くなっていた。

というより、もともとジャニーズが好きだったけれどKAT-TUNが活動休止してからは熱が冷めていった感じもある。

そして、今年だ。

ジャニーズカウントダウンでKAT-TUNが出演した事を後で知った。

活動再開とのことでとても嬉しかった。

メンバーが減っても前を見て頑張る彼らをとても尊敬している。

過去を無かったことにしない彼らは強いと思う。

そして、彼らは2年前の約束通り【REAL Face♯2】を歌って進化したKAT-TUNというものを見せてくれた。

 

これからまた、いろいろな場面で支えてもらう時があるんだろう。自分もKAT-TUNのように頑張らないといけない。そう思わされるだけで十分精神的に支えてもらっていることになるのだとぼくは思う。

 

今年のコンサートは参加出来ないけれど、来年はコンサートには参加したいものだ。

 

そんな風に、活動休止してからのことを思い出しながら【REAL Face♯2】を歌う彼らを僕は見ていた。