HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金を滞納していてもどうにかなる

 

 そう思っていた自分が今でも怖い。

 

 誰かしら力を貸してくれるんじゃないのか?

 親が力を貸してくれるんじゃないか?

 借金の返済を待ってくれるんじゃないか?

 

 そんな風に甘い考えを持っていた自分が怖い。

 いや、また借金を滞納したとしてもそんな考えになってしまいそうだ。

 

 今回、滞納生活がとりあえず終わったのは母のおかげであり、偶然助かっただけだ。

 滅多にないことだし、もちろん2度目は無い。

 それでも甘い考えになってしまうんだろう。

 

 いつもそうだった。

 携帯ゲームへの課金、ギャンブル、彼女とのデートだって「次に〇〇円稼ぐから大丈夫!!」なんて思いながらお金を使っているといつの間にか稼いだお金よりも支払い金額の方が増えて借金を返すのに手一杯になる。

 その繰り返しだ。

 

 何回同じ事をするのだろう。

 何回失敗すれば気が済むのだろう。

 

 自分が嫌になる。

 

 子供の頃からずっと同じで我慢することができない。

 それを直さない限り、借金を返してもそれと隣り合わせの人生にしかならない気がする。

 

 僕が人生を上手く、安定して生きていくには今のところ2パターンあると思う。

 

 1つ目はお金持ちになることだ。

 自分のお金に対して考えの甘さから生じてしまう金額よりも僕がお金を稼げるようになれば、僕の財布が爆発することはなくなる...はず。

 

 2つ目はさっきも言ったのだけれど、自分の悪い部分を直すことだ。

 1つ目よりは簡単そうに思うのだけれど、実はこっちの方が難しいのかもしれない。25年も生きてきて未だに直らないのだから、直そうと思って直るものじゃない気がする。

 情けない話、こんな状況なのにまだ携帯ゲームに課金したいなーと思ったりしてしまっている自分がいる。そんな自分が嫌になる。

 

 借金を滞納してクレジットカードが全て使えなくなったことやカードローン、携帯のまとめて支払いが使えなくなったことはほんと良かったのかもしれない。

 

 借金をしても滞納しても返そうと思えば努力や周りの力を借りることができればどうにでもなるのかもしれない。

 

 ただ、借金を終わらせた後が1番大変なのかもしれない。

 

満員電車の中で押されてストレスが爆発した

 

 どうもです。なっつです!

 

 今まで自動車通勤だったのですが、転職をして電車通勤になりました。

 ここ最近までは電車通勤も良いじゃないか!なんて思っていたんですが、電車通勤に慣れてくると非常にストレスが溜まりますね...

 

 特に僕が嫌なのは押してくる事です。

 入ってくるときに押してくるならしょうがないさ、けれど、「あんたの後ろスペースあるだろw」っていう時に押されるとものすごい腹が立つんですよね。

 

 先週の帰りに電車に乗ると出現しましたーー何故だか、スペースあるのに背中でガシガシぶつかって押してくる人が。

 

 ガシガシッ

 ガシガシッ

 

 

 仕事で溜まっていたストレスと体調の悪さ僕はカッとなって怒りが爆発したーー怒りで眉毛だけ金色になった気がする。

f:id:pprp:20170904195239j:plain

 

 その人の背中に寄り掛かかる事にした。

 向こうから押してくれるので頑丈な壁に寄りかかっているみたいで、満員電車の中を立っているのにすごい楽だったーーわずか一分くらいだけど。

 

 背中に異変を感じたらしく、こちらを振り向いてきた。

 

 「お?俺に何か言ってくるのか?(´・ω・`)」 

 

と思いきや、急に僕の隣にいる人の背中をぶん殴った。

 

 「へ??」

 

 先週で一番驚いた出来事だった!

 

  多分、というか絶対に僕の隣の人が自分に寄りかかっていたんだと勘違いしたんだろう。

 

 隣の人は何が起きたのかさっぱりわからず、ものすごい驚きながら前に詰めていった。

 

 なんだか申し訳ない気持ちになった帰りの電車だった。

立ちションをベランダでしていたら。

 
 

 ※少し汚い話なので注意

 

 ベランダで立ちションしたことがある人はあるだろうか。

 いや、なかなかいないだろ。僕みたいなやつ(°▽°)笑

 

 小学生時代、夜中にベランダで立ちションをする癖があった。

 理由は1つしかない。

 

 変態だったかっ

 トイレに行くまでの廊下が真っ暗でものすごく怖かったーー特に廊下の途中にあった扉が開けっ放しの部屋が。

 

 きっかけは夜中に怖い番組を見ていたら急にトイレに行くのが怖くなり、どうしようどうしようなんて思っていたら目の前にあるベランダを発見して思いついたーーここで立ちションしよう!!

 

 家の中より外の方が怖くない謎な現象が僕の中で起こっていた。

 

 夜中まで起きていてはトイレに行きたくなったらベランダで立ちションという生活をしばらく送っていた。

 

 しかし、始まりがあれば終わりもくる。

 いつものように自分の部屋で犬と夜中まで起きていた、暗い廊下が怖いとおもっていながらも部屋の電気は真っ暗にしてテレビを観ていた。

 観たいテレビも終わったところで電気を消して寝ようと思った。

 

 すると.,..

 

 ガリガリ...ガリガリ.,..

 

 扉の方から音がする。

 

 犬だった。

 

 どうやら一階に降りたいらしい。

 

 一階まだ降ろして自分の部屋に戻ってきて、「さぁー寝るぞ!」って思ったのだけど、トイレに行きたくなった。

 だから、いつものようにベランダで立ちションをしていた時に右脚に何か冷たい何かが纏わり付いたーーたった数秒だったぱずなのに、時間が止まったように思えた。

 

 そう、例えるならものすごい冷たい何かに掴まれているような感覚だったーー出ていたものが恐怖で止まった。

 足の周りには何もない、犬が僕の脚を舐めたわけじゃない。

 

 じゃあ、何が僕の脚を掴んだというのだろうか?

 もう考えられることは1つしか無い。

 しかし、僕は掴まれたところを見たわけじゃ無いから本当にソレが僕の脚を掴んだのかなんてわからない。

 ただ、あり得るとしたら掴んだのはあいつしかいないーー幽霊だ。

 

 幽霊が掴んだのなら、それが僕に言いたいことがないかわかるーーベランダなんかで立ちションするなってことだろう。

 

 左脚がベランダに出て、掴まれた右脚が部屋にある状態だった。つまり、何が言いたいかというと、僕の脚が掴まれた場所は敷布団の枕があるすぐ上だった。

 

 ということは、幽霊はそこにいたということになる。

 今から掴まれた場所のすぐ下に頭を置いて寝ることがとても恐怖だった。

 

 布団を被って必死で寝た。

 

 起きたら朝になっていた。

 

 その日以降、ベランダで立ちションをすることは無くなった。

 

 

借金を滞納する前、恋人(彼女)の両親にバレた時の話

 

 どうもです。なっつです。

 

 彼女に借金が最初にバレた時の話や両親に知られた後の断片的な話はしたかと思うんですが嫁になるはずだった彼女に借金がバレた時の話 、特に詳しくは書いてなかったたので書いていきたいと思います。

 

 

 

彼女の両親に借金があることを知られたきっかけ

~同棲生活をしていた時の話~ 

 突然、朝に彼女が僕に言ってきたーー実家に少し帰ろうかと思う。

 僕は「どうしたの?」と聞いたーーなんとなく理由はわかっていた。

 付き合っていくこと、同棲生活を続けていくことに疑問を持ち始めたらしかった。

 

 僕も同じことを思っていたーーこのままこの人と付き合っていくのはしんどいな.....って。

 

 そんな話をしている中、僕は思った。

 「借金をしている本当の金額を言ってしまおう。」

 

 僕は彼女に本当の事を話したーー借金を始めてしまった理由とここまでの金額になぜなったのか。

  

 もともと借金は僕が使っていたパソコンの管理ミスで借金がバレてしまった。その時に伝えた借金の額は30万と言ったーーもちろんそれは嘘だ。

 

 これからの同棲生活や付き合っていくことに関して考えるのなら、こういうことも含めて考えてほしいと伝えたーー「頑張って返さないとね!」と前向きな言葉をそのうち言ってくれるんじゃないのかと思って、そういう人だと思っていたから。

 

 答えはすぐに返ってきた。

 「そんなに借金があったらもう付き合っていられないよ...」

 

 あ。そっか......現実ってこうなんだなとショックを受けた。

 

 返済計画も話して、車や奨学金以外の借金は1年で返すつもりと話したが「その間、旅行も遠くに遊ぶことができないなんて嫌だ。我慢できない。」そう言われた。

 

 借金どころかそれ以前に終わっていたのかな....なんてよくわからないことも思った。

 

 そんな話をしてこれからのことは少し実家で考えたいと言って実家に帰っていった。

 

実家に帰ってから数日が経って...

 彼女が実家に帰ってから数日が経って家に帰ってきたーー帰ってきたというか、仕事に使うものを取りに来た。

 そこで彼女に言われた。

「自分の親も車のローンとか結婚式で借金をしていたらしいから、そういうことで借金をするのならまだ良いと思うんだけれど、それ以外のことだからやっぱり....」

  言葉の内容より、「両親にすべてを話したんだな。」と言う事しか頭に入ってこなかった。

 

 両親に話したら「別れろ」、「帰ってこい」やすさまじい暴言を僕に対して言っていたよと笑いながら言ってきたーーその笑顔で今どう思っているのかがなんとなくわかった。

 

 いつも優しくしてくれていた人達が敵になった瞬間だったーー向こうからしたら僕が敵なのか。

 

 そして、彼女とまともに話す機会はこの日を最後になくなった。

 

その後、別れることになってから

 別れることになってからは、同棲生活で使っていた部屋に一人取り残された感じになったーー彼女のために頼れる人も友達のいない場所まで引っ越してきたが、それが仇になるなんて思いもしていなかった。

 本当に一人だった。

 そんな時に彼女の父親から「話でもしないか」と連絡が来たーー今回のことで何か言われるんだろうなと思った。

 

彼女の父と会った

www.irukasan.com

 

 以前も彼女の父とあった時の事を少し書いた。

 こうやって過去の記事を乗せているが正直、読む勇気がない、読んでいないからどんな内容で記事を書いたのかあまり覚えていないーーただこの記事が彼女の父と会ったときのことについて少し書いてあるのは覚えている。

 怒るよりも気を遣ってくれた言葉ばかりだった、それと同時に「やっぱり別れて欲しかったんだな」って今ではものすごい思う。

 

借金は借金

 僕の借金をした理由は最後まで理解されなかった。

 結局、僕が彼女に見栄を張りたかったから借金をしたと思われていたしこれからもそう思うのかもしれない。

 僕としては「彼女のために」と思ってしたことが一番身近な人にですら見栄を張りたがっていたように見られていた事がなんだかショックだったーー今までしてきたことはなんだったのだろうかと。

 

まとめ

 借金を知られてからも優しく接してくれた、当時はものすごい嬉しくて彼女とやり直していけるんじゃないかという希望も持てた。しかし、冷静になって考えてみると僕のいないところではボロクソに言っているくらいなのだから思ってもいないことをポンポン言われたんだろうな。

 ただ、借金があることを彼女の両親には黙っていたのだから今まで騙していたことになる。両親から騙し返されたんだと思えばそれも仕方のないことなのかもしれない。

 

 結局、彼女の為に無理をすることは間違えで借金をするなんて誰にも理解されない、認めてはもらえないんだなと学んだ。

 

 この時期の話って一番話がまとまらない。上手く話せないと言えば良いのだろうか?今の冷静な気持ちなら、起きた出来事を冷静に語れるのかもしれないが今はまだこんな風に断片的な部分しか書く気力がない。

 借金が終わってあの頃のものが全て終わってスッキリすれば、初めから書くことが出来るのだろう。

 いや、書きたいーー誰かの役に少しでも立つような僕の後悔してしまうような体験談を。

 同じようなことを他の人に繰り返してほしくないから。

 

結婚する意味ってなんなのだろうか。

 

 どうもです。なっつです。

 【結婚をする意味】ってなに?って思っているなっつですが、まだまだそこまでいけるような状態でもないし、相手すらいない残念な男です( ̄▽ ̄;)

 

 最近はよく周囲の人のおかげでたくさんの人と話をする機会をもらえている。

 そこで必ずと言って良いほど結婚生活だったり恋愛の話題になる。

 

 まぁ、行っている場所がそういう所だからそんな話になるのは当然かもしれないと無駄に納得してしまっている自分がいる。

 それは置いておくとして、自分が同棲生活をしていた時に想像していたような結婚生活なんてまったく聞かず、逆に「えっ、まじか」と思うような事を平気で言っている事に驚く事ばかりだった。

 

 僕は結婚すれば、ドラマに出てくるような幸せな結婚生活を送れると思っていたーー浮気、離婚、大ゲンカとは無縁な生活。

 しかし、僕より歳上の方は言う。

 

「邪魔」

「死ねばいいのに」

「浮気しても良いよっていつも言っているんだ」

「気持ちがもう無い」

 

 そんな話ばかりだ。

 

 あー時間が経つとこんな風に思ってしまうんだなーって思ったーー同棲生活をしていた頃の僕が聞いていたらかなりショックだっただろう。

 ただ、そんな話を聞いてなにも思わないわけじゃない。以前、DVをされている後輩の話をしたけれど、その時もそうだったーー結婚ってなんのためにするのだろう。

 

 好きで相手を信じて高いお金を払って結婚式という思い出を作ったり、周りを巻き込んでまで一緒になるのに時間が経つと暴力を振るったりし扱いが雑になるのだろう。

 時間が経つ事でそうなってしまうのなら別に結婚をしなくても良いよね?なんの為に結婚したの?と思う。

 

  どっかの記事でも書いたけれど、僕の思う結婚する理由ってお互いに辛い時を助け合って生きていくために結婚をするんだろうなって思っていた。

 けれど、結局、助け合う前にお互いの関係が雑になっていたら助け合うこともできないんじゃないだろうかと考えを根本的に潰された。

 

 じゃあ、いったい結婚をする意味ってなんなのだろうか。

 

 なぜ、好きから結婚したいに気持ちが結びついてしまうのだろうか。

 

 あ。そんなこと考える前に借金を早く返す方法を考えるべきか。

借金を滞納しないためにスロットを辞めて競馬にしようか

 

 どうも、なっつです。

 ここ最近本当に寒くなってきましたね。朝が特に寒くてパチンコ屋に開店前から並ぶのもなんだかしんどくなってきました(´・ω・`)

 休日は借金を少しでも減らすためにパチンコ生活を送っていますが、その生活を辞めてしまおうかと思っています。

 

 

 

三日間、スロットをして思ったこと

 初日には何も思わなかったのですが、二日目になると「あれ?僕は何をしているのだろうか」と思ってきた。

 二日目はものすごい調子が良くて、ガンガンメダルを出していたのになんだか抜け殻のようにスロットをやっていました。

 このスロットと関わっていなければどんな人生を送れていたのだろうか?

 スロットのせいで借金をしたり滞納をしたわけではないのだけれど、因果関係的なものはあるのだと思うーースロットで負けた分のお金を借金に使えていれば、少なくとも借金を滞納する生活を送ることはなかった。

 そんなことを考えるとなぜ今もこうやってスロットをしているのだろうと疑問に思い始め、ドキドキ感を楽しんでいたスロットがものすごいつまらなく、こんなことを一生懸命にやっている自分が嫌になった。

 

 最終日にはスロットで負けたこともあり、今ではなんだかそれをやりたいとは思わなくなった。

 スロットが自分の人生を大きく変えてしまうきっかけになったことを考えるとつらい気持ちになる。

 きっと辛い思いをしたのは自分だけじゃない、同棲生活をしていた相手にだって辛い思いさせたと思う。今ではスロットで負けたって自分の責任なのだから良いのかもしれないが、同棲生活の時に相手に辛い思いをさせたこと、自分の人生を落としてしまったきっかけにもなった行為を今でも楽しんでいる自分はなんなんだ?と自分に怒りを覚えた。

 

 

競馬をしよう

 だいぶ前の話になるが、僕は同棲生活を始める前に競馬をやっていた。

 もしも、あの時に残業をしていなかったら.....

 もしも、あの時、先輩に話しかけられていなければ.....

 投票が間に合っていて、馬券を買っていれば今の僕の人生は今とまったく違ったものになっていたのかもしれない。

www.irukasan.com

 

 競馬を始めると言っても大金を賭けるわけじゃない、僕には正直、馬を見たって違いは色しかわからない。

 

 競馬をやっていたときからの手段で、少し、というか相当ひどい手段かも知れないが、よく当たる馬を予想している人の予想をそのままパクる作戦にしようかと思う。

 競馬を本気で楽しんでやっている人が見たら怒りを買うかもしれないのだけれど、僕自身の生きていくための手段だ......

 

 

 僕の給料は母に渡すお金と支払いで全部消えるーー正確には支払いで残った分は母に渡すシステムに僕がした。

 だから、僕のお小遣いはこのブログの収益とこれからやるであろう競馬でお金を作っていくしかない。

 それらに全てがかかってしまっている程のひどい状況だ。

 

 お小遣いも多くなれば借金を返済する為のお金にしようと考えている。

 100円でも良いから少しづつお金を増やしていく努力をしようーー競馬以外でも。

酔っ払いオッサンと僕

 

 雨が降る夜中の帰り道、向こうから道路のど真ん中からふらふらと影が坂道を上ってくる。

 影との距離が近づくにつれてソレの正体がなんとなくわかってきた。見た時は自転車がヨレヨレと車道のど真ん中を必死に上ってきているのかと思っていたのだけれど、違った。

 しかし、それは自転車じゃない、人(オッサン)だった。

 上りと下りから走ってくる車は予測不能な動きをするオッサンを一生懸命に避けて走っているーースピードを出して走っていたら避けられないんじゃないだろうか。

 歩道を歩いていた僕の横にあった植木?茂み?にオッサンがフラフラと突っ込んだタイミングで僕は迷ったーーこのままだと車に轢かれる可能性があるから何か声をかけたほうがいいのでは?

 

 正直、そのオッサンが轢かれることに関しては別に何も思わないのだけれど、弾いてしまった車の運転手の事を考えると放置しておくことも出来ないので僕は声を掛けたーー大丈夫ですかーー??

 

 オッサンはこちらに振り向き、僕をものすごい睨んでまた道路の真ん中に戻り歩き出した。

 

 

 あーそっか。

 日本ってこういうものなのか。

 

 

 僕はそう思いながらまた歩き出した。