HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

何気なく会話するけれど、話すって実は難しい

スポンサーリンク

言葉は目に見えるものではないけれど、「力」を持っている

有名な人が言った言葉なんて特に力がありますよね。

 

言葉の伝え方、話し方、言葉の選び方

人を元気づけたり、勇気を与えたり、安心させたり、楽しい気持ちにさせてあげたりと

無限に可能性を持っている力なのではないでしょうか。

 

しかし、それとは逆に人を傷つけたり、悲しませたり、不安にさせたりすることもできます。

 

 

言葉で人を助けることができる

 

たった一言だけでも相手の状況にあった言葉を伝えてあげるだけで相手の世界を変えてあげることができます。

 

いろんな場面があります。

失敗して落ち込んでいる時。

これから大切な出来事がある前の緊張。

悲しい出来事にあった人。

など、たくさんの場面があるかと思います。

たくさんの場面があればそれにあった言葉がたくさんあります。

 

何が正しい言葉かは決まってはいないけれど、相手の立場に立って伝えた言葉は相手のことを思いやった言葉として力を発揮してくれるものだと思います。

 

反面、言葉で人を殺すこともできる

 

助けることができれば、逆に精神的に殺してしまうこともできます。

つまり、言葉の暴力としての力の発揮になります。

よく言われていることですが「心の傷は消えない」

この言葉は本当にあっていると思います。

僕も言われて今でも覚えている言葉はいくつかあります。

例えば、昔に言われたことをずっと気にしてしまう事やいじめパワハラなどで精神的に疲れてしまったなどの現象が起き、最悪なケースだと不幸も訪れてしまうでしょう。

 

 

言葉は簡単に使えるからこそ気をつけて使わないといけない

 

言葉は自由に使えるものだけれど相手がいて、初めてその意味が発揮されるもの。

その相手の立場に立って考えて言葉を選んだりしないといけないのでしょう。

絶対にこの言葉だけは使ってはいけない

そのことを考えて話しているだけでも、違ってくるかと思います。

 

ただ自分の思うことだけを話していると、ひどいといつの間にか言葉の暴力に変わっていき、世間でいうパワハラやいじめに繋がってくる結果になるのだと思う。

 

 

何気なく会話をするけれど言葉を使うのは実は難しい

言葉の伝え方で、相手の捉え方が変わってくる。

自分自身はプラスのつもりで伝えていても、伝え方が悪いとマイナスに捉えたり、傷ついたりしてしまうことがある。

簡単なようで簡単じゃない言葉ってものすごい深いものです。

 

 

 

大人の言葉の選び方

大人の言葉の選び方