HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

月末の給料日だけれど、5ヶ月ぶりの収入。ギャンブルを辞めたい

スポンサーリンク

どうもです!なっつです!

 

 今日はなんと給料日です。もう本当に嬉しくてとびはねてしまいそうです。ーー毎日ちゃんと働いている人からしたら普通の日なのかもしれないが... 僕にとっては5ヶ月ぶりにもらえる給料なのだからこれくらい喜ぶことを許してほしい。

 会社を辞めてから1ヶ月間は最後にもらった給料でなんとか生き延びていたのだが、2ヶ月目には収入が無いのだからカツカツだった。ーーその状況の中で同棲生活をしていたり、遊びに出かけたりしていたのだから今があることにかなり驚いている。支払いを滞納したり延期してもらったりしていることが多いけれどなんとか生きている。

 会社を辞めてからアルバイトなんてしなかったから、大きな収入なんてなかった。いやあったな、【ギャンブル】で稼いだお金だ。もちろん資金なんてなかったから友達に借りて人生をかけて勝負しました。その出来事がこの記事に書かれているんですが...

www.irukasan.com

 

 2日連続で約10万円もの収入を叩き出したりとわけのわからないくらい運が良かった。それでも仕事をして安定して稼げるお金の方がやはり大きかったと今では思う。僕はギャンブルで稼いだお金がまた同じように増えるのではないかと思って、ギャンブルで稼いだお金を賽銭箱に1万円を投げるように使っていくのだから。

 人の価値観によって違うのかもしれないが、楽に稼いだお金なんて自分の中で軽い価値になってしまう。「今日も朝から仕事かよ~」って思いながら稼いだお金のほうがよっぽど重たく、なかなかお金を投げる気になんてなれない。ーー1年前の僕は軽いお金、重たいお金もキャッチボールみたいな軽い気持ちで投げていた。自分の給料を1日で約8万円ものお金を投げ捨てていたかと思うと恐ろしく感じる。

 ただね?ギャンブルを辞めた後ろめたさもあります。だって、うまく行けば【固定給】に加えて万単位でお金が増える可能性があるのだからそれにかけてみたいなんて思うこともある。

 この文章だと遠回しにギャンブルなんてやらないほうがいいなんて書いてあるように思うかもしれませんが、そういうわけではありません。それがその人の趣味でもあるし価値観でもある。やったことがある人はわかるかもしれませんが、出会い系サイトなんかでよく見かけますがーー出会い系に登録したりしたことがあるのバレちゃうな(笑)ーー「ギャンブルやっている人は嫌い」なんて書いてあります。結局は価値観なのでしょう。

 僕からしたら「買い物したい!服買いたい!!」なんて言っている子の方が僕は「どうせすぐに次の服が欲しくなって買うのだから、お金の無駄なんじゃないの?」って思ってしまう。服を購入することがおしゃれを買うことなら、ギャンブルはお金を増やせる権利を買うのと同じことじゃないだろうか。何かを買うことに関しては同じだと思う。ただ単に自分のできない未知のことに関して足を踏み入れられる人に関して否定的になってしまうのではないだろうか?

 ギャンブルが嫌いな人に理由を聞くと「お金が減っちゃうから」、「形に残らないから」という理由ばかりだ。なら、そういうあなたは「物をただで買っているんですか??」、「形のないものを購入することが不安なんですか?」と言いたくなる。

 考えをたくさん書いているが、他人に押し付けるつもりはない。何度も書いているが結局は価値観なのだろう。人の数だけ多くの考えが存在する。僕の考えなんてその中のちっぽけな1つの考えに過ぎない。

 僕の中の【ギャンブル】に対しての価値観がゴミのようにでもなれば、すんなりギャンブルのことなんて頭に出てくることはなくなるのだろう。

 

 そう思いながら僕はやっと今月入った給料をブラックホールに投げ込むか葛藤しながら定時退社を迎えようとしている。

 

 これなら確実に言えるのかもしれない。

 この記事に書いてあるような考えの人は将来的に僕のように借金だらけにならないように気を付けたほうがいいかもしれませんね。