HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

クレジットカード(ゆうちょ)の支払いを滞納し続けるとこんなのが来る【そして伝えたい】

スポンサーリンク

★目次★

 

どうもです。なっつです!

 

 今回はこの記事の詳細みたいな内容になります。

www.irukasan.com

 

 

クレジットカード(ゆうちょ)の支払いを滞納し続けてしまうと...

f:id:pprp:20170809073745j:imagef:id:pprp:20170809073747j:image

残念なことにこんな手紙が届きます。

 

 前回の記事の補足みたいな内容になるのですが

 滞納していたカード会社から一括請求をする予告が来た。 - 借金ならあるけれど。なっつの返済ブログ

  実際にきた手紙を載せておいた方が、この記事を見た人が今の現状を知ってもらいやすく、「こんな風になりたくない。」

そう思ってもらえるんじゃないかな?って思って載せました。

 

 この手紙が来る前は、クレジットカードの利用が強制解約?になりました。

 ゆうちょのjcbを使用している方はわかるかと思いますが、強制解約されているのでもちろんネットで使える【my jcb online service】は下の画像のとおり2つしか確認できません。--当たり前か、解約されているのだから他の機能なんて必要ないし。

f:id:pprp:20170809074534p:image

 

 もともと払っていない自分が悪くて考えも甘かったです。ネットで【支払えない状況を説明すれば何かしらの対応はしてくれる】という内容を見て少し安心しちゃっていました。--なぜかはわからない。わからないけれど、ゆうちょなら大丈夫。ゆうちょは優しいなんてことを勝手に思っていた。

 しかし、現実は違った。めちゃくちぁ厳しかった。電話をした時点でなにかおかしかった。確かに料金を滞納してしまった挙句、連絡を取らなかった自分が悪いと思うのだけれど、まだ名前も名乗っていない時点で電話対応がものすごい悪く感じた(´;ω;`)ウッ…

電話の始めが「無言・・・ん~あ~はい○○○○デス」って最初の無言と「ん~あ~」ってなんだよ(笑)適当すぎだろ笑

客は神様とも思って無いし、むしろ悪いのは僕なのだけれど、相手がどこの誰で初めて話す人に対してその対応は会社的にだいじょうぶなのだろうかと疑問を持った。

 

 逆に一番厳しいだろうなと思っていたのは【セゾンカード】でした。言い方など少し厳しい場面もありましたが、ものすごく事情を親身になって聞いてくれた。--ビビりながら電話をかけていたので、思わぬ対応に本当に心から感謝をした。

 支払いの相談をした結果も僕の思っていた内容ではなかったけれど、負担の無いような提案をしていただきました。本当に個人的には感謝をしています。

 別にどちらが良くてどちらが悪いということを言いたいわけではない。どちらともたまたまな結果なのであり、僕自身が招いた結果なのだから。ーーただ単に僕自身の体験を正直に書いているだけ、借金して滞納するとこんな物語になるかもしれませんよ?という借金滞納者からの忠告だ。

 

伝えたいこと

※注意※~ここからはただのお話になります~

 

 そうそう僕の体験談の中でみなさんにーーみなさんというか僕と同じような人にーー1番気をつけてほしいと思うのは

【恋愛でお金に関して無理をすること】

 僕はいつでも今までの恋愛で彼女にお金の面でかなり無理をしても楽しんでもらっていました。いつまでたってもこの性格を直すことが出来ず、今年その性格が原因で借金がフィーバーしてしまいました。

 「じゃあ、無理なんてしなければいいじゃん」なんておもいますよね?嫌われるのが怖かったのでできませんでした。お金を使って何処かに行かないと嫌われる。何かを良い物をあげないと嫌われるそんな不安が怖くて無理をしていました。

 そう、彼女って僕にとってはかけがえのない存在でいちばん特別な存在に思っていました。--たった5年間で父親、おじいちゃん、犬と本当に身近だった存在を失くしてから身近な存在が失くなることがとても怖くて、自分が無理をするだけで大切な存在を失くすことがないのであればそれで良かったから。

 けれど、それは違った。結果的には今の現状だ。それでも彼女ができればまた無理をするだろう。いや、無理をする。つい最近までは、ここまで人生の失敗を犯していてもまだ、変わることにためらいがあった。ーー変われば大切な存在を雑に扱っている用に思ってしまってなんだか嫌だった。自分の生き方についての悩みが仕事を辞めてから3ヶ月ほど続いた。

 しかし、3ヶ月ほど思い悩んだのに、1日でーーいや、たった5分かもしれないーー悩みが終わった。

 1ヶ月前に何を思ったのか、まったく興味のなかった物語シリーズにハマっていた。

 

〈物語〉シリーズ - Wikipedia

 

 その物語シリーズの中で恋物語という話に出てくる【貝木泥舟】という人物が女の子に言った言葉。

 

これがなきゃ生きていけないとか、あれだけが生きる理由だとか、それこそは自分の生まれてきた目的だとか。そういう希少価値に腹が立って仕方がない、

アララギにふられたら、お前に価値はなくなるのか
おまえのやりたいことはそれだけだったのか
おまえの人生はそれだけだったのか

なあ千石、おまえにとってアララギ以外のことはどうでもいいくだらないことだったのか?
お前の中の優先順位で、アララギ以外は全部ゴミか


ならばどうしてだ、どうしてアララギだけが特別扱いになる
あいつはおまえの分身か何かなのか

 

引用なので言葉が少し飛んでいたりするけれど、まさにこの言葉で変わりました。ーーこの人しかいない。この人がいないと生きていけない。この人のためになら犠牲になってもいい。だから全てにおいて無理をする。そう思っていた僕に対して一番説得力のある言葉だった。特に最後の言葉には「あっ...違う..」なんて素直に思って自分の心に響いたような言葉でした。

 【彼女といるために無理をしないといけない】

 そんな枷が初めて彼女ができてから7年経ってやっと外れた気分です。ーー借金という大きな代償と引き換えに..

 

 僕と同じように無理をしてしまう人は本当に気をつけてほしい。僕自身、当時はお金の面で無理はしないと思っていたのにも関わらず今の状況なのだから。

 

 ただ、気をつけてほしいとは言うけれど結局は自分自身の価値観にしか過ぎない。僕自身体験したことを素直に書いた。同じような状況の人がこの記事を見て「ふ~ん。つまんな」と思うのか「こんなクズみたいになりたくない」と思うのかは自由ですが、個人的には後者の方がうれしいですね。

 

 同じような状況の人の目に少しでも入ればいいなと思っています。

 

 

 

 以上、~クレジットカード(ゆうちょ)の支払いを滞納し続けるとこんなのが来る【そして伝えたい】~でした。

 

 

借金関連の記事

www.irukasan.com

 

www.irukasan.com

 

 

www.irukasan.com

 

 

www.irukasan.com