HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

いつの間にかブログ仲間が消えていた。

スポンサーリンク

 

 つい最近、ブログに戻ってきた。

 当時付き合っていた彼女との同棲生活を解消すると同時に別れた。それからいろいろと気持ちは不安定になってブログから去っていました。--もとから人気のブログとかそういうわけではないので、特に何も問題は無かった。それでも心配してくれていた方々がいて本当にありがたいことだし、申し訳なかったなと今でも思っています。

 

 それでも僕が戻ってきたブログには少し変化があった。僕がブログを始めた時期に始めていた人たちがほとんど消えていた。「それくらい気にするな。」と思うかもしれないけれど、ブログを始めたころって人を引き付けるような才能がない限り一日のPVが100にすらならなかったりする。ーー正直、いくら一生懸命文章を打っても見てもらえない、そんな状況が続くのだから、やる気なんて下がっていく一方だった。

 

 しかし、「ブログをやめよう。」とは思わなかった。やめなかったというよりは、やめられなかったと行ったほうが正しいのかもしれない。ーー同じ時期にブログを始めて頑張っている人たちが周りにはたくさんいるし、自分も投げ出したくない。そんな気持ちにさせられていた。

 

 だからといって別に知り合いでも何か連絡を取り合ったわけではない。ただ、同じ時期に始まったということに親近感が沸いて「仲間だな」と僕が勝手に思っていただけ。向こうからしたら、僕のブログなんてものはいくつも存在するブログのたった一つの存在なんだろう。--ただの一方的な片思いだ。

 

 それでも僕のやる気は周りの仲間が書く文章を見るだけでやる気が保たれた。保たれるだけではなく「なるほど...こんな書き方もあったのか。」なんて新しい発見もさせてもらえた。

 

 今は弱小ブログで誰にも伝えたいことを伝えられないのかもしれないけれど、そのうちそれができるようになっていたい。仲間のブログを見たときに思いたかった。ーー今、お互いにここまで成長したんだなって。

 

 僕がブログから消えている間にどんどん仲間に話されていくんだろうなと思っていた。人気なんて出なければいいのにというよりはむしろ逆で、「努力して書いているのだからそれが結果に繋がっていればいいな」と思ったのが正直な気持ち。

 

 僕がブログに戻ってきて一番の楽しみは、仲間だと勝手に思っていた人達のブログがどれだけ成長しているのかを確認できることだった。--いつでもブログを確認しようと思えばできたのだけれど、ブログから逃げている自分が仲間のブログを見ることにうしろめたさがあった。

上の方にも書いのだけれど、仲間は消えていた。ブログ自体が無くなっていた。--あぁ...そうだった。思い出した。どこかで見た。ブログが大きくならない原因は、ブログを始めた大抵の人が途中でやめてしまうからだった。

 

 あれ?ブログを書くことって苦しいことだったり、めんどくさいことだったけ?