HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金を滞納中は電話が鳴り止まない

スポンサーリンク

 借金を滞納し始めてから電話が1日にたくさん掛かってくることを経験した。

 今でも滞納してしまっている会社があるから電話が掛かってくる。

 この借金を滞納している会社はいつも話に出している会社ではなくて、一度借金に関して支払いの相談をした会社だ。

 ただ、支払いの相談をしたものの、いつも話をしている会社のように分割払いはできないとのことだった。そのかわり、リボ払いの支払いを月々減らせるということだったのでなんとかそれで1万円ほど減らすことができ。月々約1万円ほどの支払いになった。

 しかし、先週の大勝負で見事に負けてしまい通勤用の定期すら買えなくなった僕が、その1万円を払うことは不可能だった。

 だから滞納してしまっていることになる。

 電話が沢山掛かってきているのだけれど、知らない電話番号だからいつも電話に出ることはなかった――借金を滞納する前から知らない電話番号からの着信は無視している。

 後で調べると滞納している会社系列?からの着信だった。

 借金を滞納したり、返済の電話をしたりして電話をした会社の電話番号すべて登録しているのですが、まさか同じ会社の違う番号からかかってくるとは思いもしませんでした。

  

 先週の大勝負ですぐに支払いができない借金ばかりになってしまっているので、結果的にもともと滞納していた会社を含めて、滞納している会社は4件にもなってしまった。

 

 借金以外の滞納なら7件くらいにはなるかと思う。

 もう大変だ――いや、大変どころではないな。

 

 遅延損害金と利子で借金がどんどん増えていく。

 この状況をどうやって抜け出すのかを考えなくちゃいけない。

 ただ、もうギャンブルに頼ること――不確定要素のあることには頼らない。散々自分の運がなくなってしまったことを痛感したのだから。

 むやみに焦って行動しても、マイナスな方向に行ってしまうような気がして動くのも怖い。

 唯一、安心してできることと言えば、仕事とブログを書くことだけだろう――それも、失敗やら炎上の可能性もあるのだけれどなんだかそれは大丈夫な気がする。

 

 電話に出ない自分が悪いのだけれど、本当に出られないときにばかり掛かってくる事が多い、それでもその後にしなければならない行動を僕はしていないのだからそれもいけないのだろう。

 着信を見るたびに憂鬱な気分になる「うわ~電話きたよ。今は出れないし、出たくないな―...」って正直思ってしまう。

 

 もしも、たとえ電話に出たとしてなんて言えばいいのかわからない。

 「もう少しで払えるかもしれない」って「かもしれない」なんて言いづらいくて、「この日に払えます」と言ってその日に払えなければ困ったことにもなる。

 だから、電話をする気が起きない。

 

 いや、でもコレだけ迷惑をかけているのだからそろそろ電話を掛け直さないといけない。そうしないと、また知らない間に家に来たり、会社に電話がかかってくるかもしれない。それだけはできるだけ避けたい。

 

 明日、電話を掛けなおそう。