HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金を滞納していてもギャンプルを辞められない理由

スポンサーリンク

 

 今では借金を滞納していませんが、借金を滞納していた時は他の記事に書いてある通り、僕は普通にギャンプルをしていましたーー貯金、というか手持ちのお金すべてを使って。

 

 他の記事を読めばわかるかと思いますが、結果的にギャンプルをしたことで大金を勝ち取った訳でもなく、借金を返済する助けになった訳でもない。

 逆にギャンプルに使ったお金があれば出来たことがたくさんあったなと反省している。

 

 最近までギャンプルをしていないのは、「負けたらやらない!」と記事で約束したことやそもそも投資金すら無くなってしまったからだーーその月は支払いが何十万あるうち、所持金はたった500円。

  笑えない金額だ、会社に通うための定期券すら買えなくなったのだから。

 

 そうなるまで何故ギャンプルを辞められなかったのかと聞かれるとシンプルにこういうのかもしれないーー借金を早く返すため。

  実際のところギャンプルは楽しい(僕はスロットが好きだ)、あのギリギリの勝負をするようなドキドキ感が好きだ。ストレスの発散にもなる。だから、口ではそう言っているけれど、ただのやるためのもっともらしい言い訳を言っているだけだった。

 もしかしたら、僕はギャンプル依存症なのかもしれない。

 

 楽しいことをするだけでお金が増えるなんてこんなに嬉しいことはないだろう、お金が減ってもそんな出来事は寝たらどうでもよくなる。

 勝った時の印象ばかり残って、2万負けは3万円負けた時の感覚になる、それに比べて2万円勝った時の感覚はやればATMのようにらお金が増える感覚になるーー僕の場合は。

 

 うん、依存症だな。

 

 辞めた今でも「やりたい?」と聞かれれば、休みの日は朝から並んで行きたいよって笑顔で答えるだろう。借金が終わればまたやりだすかもしれない。

 

 結局、こうやって借金を滞納している時にわざわざ所持金を削る可能性のある、自分の好きなことをする明確で周りが納得するような理由なんて無いなとこの記事を書きながら思った。

 

 滞納している時はギャンプル以外にお金を増やす方法がないからやっている、やらないといけないのだと言っていたのだけれど、滞納が終わった今ではその行動に呆れている。

 

 状況が変わるだけで考えも言っていることもコロコロ変わってしまうのだから、他人の気持ちなんて同じ状況の人にしかわからないのだろう。

 少なくとも僕はそうだーー今の僕は借金をしてから滞納が終わるまでの僕が考えていたことを理解することなんてできないのだから。 

 

 借金が終わればまた今の考えとは違った考えになっているのがしれない。