HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

20代の僕が借金を滞納するまで彼女との時間になぜお金を使ったのか

スポンサーリンク

 

 僕は借金しています。

 滞納を何ヶ月かしてカード会社と戦ったこともあります。

 

 そもそもそうなったのは彼女との同棲生活をきっかけにお金を使いすぎたからだ。

 そう、それは何度も言っていることなのだけれど1番重要なのは「なぜ、借金を滞納してしまうほどのお金を彼女との時間に使ったのか?」なんだと思う。

 今まで、ブログに書くこともーー少しだけ書いたかもしれないけれどーー1人で考えることもしなかった。

 単純に考えるのが嫌だったのかもしれないーー現実逃避みたいなものかな。

 

 たまに聞かれるーーたかが1人の女の為に自分を犠牲にできるのかと。

 

単純に嫌われるかと思ったから

 「〇〇食べたいね〜」 

 「〇〇行きたいね〜」

 そう言われた時に「じゃあ、今度行こっか!」って言わないと嫌われる気がしていた。

  「お金に余裕がある時にね」と現実的な事を言えば嫌な気持ちをされるのではないかと自分で勝手に決めつけ、無理をしてでも出掛けたりした。

 

後悔したくないから

 時間のある時にやりたい事を一緒にやっておかないと後悔してしまう気がして嫌だった。

 重たい話かもしれないけれど、自分や相手が死ぬ時に「あの時、こうしておけば良かった」 とお金で無理をするよりも後悔する方が嫌だったから自分の財布にムチ打って彼女との時間にお金を使った。

 

結局は自己満足の為だったのかもしれない

 相手との時間を大切にしているようで、自分の理想を自分で無理して叶えているのだから自己満足だったんだ。

 「僕はここまで無理して相手に尽くしているんだ」

 心の底でそう思っている自分がもしかしたらいたのだろう。

 偽物のお金で同棲生活をしてもいくら相手を楽しませてもその時間も所詮、偽物でしかない。

 僕の過ごしていた同棲生活は他人のお金で過ごしていた偽物の時間だった。

 

お金に関しては我慢をするべきだ

 生きていれば欲しいものやデートにお金を使ったりする場面があるだろう。

 それでもお金のことに関しては我慢をするべきだと思う。

 もちろん確実に収入が得られるアルバイトとかで働いてお金を増やすという手はすごくいいことだと思う。

 僕みたいに裏技使って使いまくる人間にはこうやって借金を滞納することになったりするのだろう。

 だから、まだ借金をしていない毎月の家計がギリギリの人に伝えたい。

 クレジットカードやカードローンを使ったその時は楽だけれど、使い方を1つでも間違えると僕みたいに何年か無駄にする人生になるから気をつけてください。