HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金があっても、フリーランスを目指して仕事を辞めた僕が失敗した理由

スポンサーリンク

 

 どうもー!!なっつです。

 

 仕事ってやりたくないですよね。

 借家位が嫌いな僕にとっては、本当に働きたくない世界で、自分ひとりで何かしらお金を稼げるようになりたいと思ってフリーランスを目指しました。

 

 この記事を読み始めているということは、少しでもフリーランスに関して興味があるか、「ざまーwww」と思うためのどちらかが理由だろう。個人的には前者のほうが嬉しいし、僕の経験を踏み台にしてくれ、思っきり踏んづけていってくれーーところで今、僕がMだと少しでも思ったやつ覚悟しとけよ。

 

辞めたあとのことが不明確だった

 仕事を辞めた後に僕が何をしてお金を稼いでいきたいのか、まったく決まっていなかった。

 【フリーランスになって自由になりたい】

 【彼女との時間を自由に作れるようになりたい】

  自分の過ごし方だけしか考えることができていなかった。自由になりたいのは誰でも考えることだろう。そういうことではなくて、僕が仕事を辞める前に考えなかったいけなかったことは「自由な生活をするために、どうやってお金を稼ぐのか?」ということをしっかりと考えていくべきだった。

 目先の自由ばかりを考えてしまった結果、仕事を辞めたことで自由をすぐさま叶えてしまった僕はお金を稼ごうとする前に「明日やればいいや」とお金を稼ごうとする行動を後回しにしてしまうことが多かった。

 もともとフリーランスで生活をしている人が、この記事を読んでいたら絶対に思うはずだーーそれじゃあ、失敗するに決まっている。

  仕事を辞めた後にどう行動していくのかをはっきりと考えることは重要。

 辞めた後、迷った時点で考えは甘かったということだろう。

 

怠けてしまった

 仕事をやめた後に明確な行動が決まっていなかったにしろ、積極的に何かしらの行動をすることで成功や失敗もすることができるーーつまり前に進める。

 しかし、僕の場合は仕事を辞めた後に行動をすることがまったくなかった。

 仕事を辞める前は「辞めたあとも頑張るぞぉ!!!」なんて思っていたのだけれど、自分の辞める目的だった自由な時間を手にしてしまうと、今度は手放したくなくなってくる。いや、それどころじゃない、家から出るのもめんどくさくなったーー家から出ない日が何日あったのだろうか?

 だからといって何をしていたわけでもない。仕事を辞めた当初は頑張ってブログを書いて、広告収入を得ようと頑張っていたのだけれど、ある日を堺にブログを書くことすらめんどくさくなった。

 1日だけブログも書かずに映画を見ていた日があった。

 僕は次の日から思い始めたーーブログの内容を考えるのがめんどくさい。

 ブログ95%自分5%の生活がブログ25%自分75%に変わっていた。

 

 稼げる稼げないは別にして、稼げる可能性を自分で潰してしまっていたのだからお金なんて稼げるわけがない。

 

 自分でお金を稼ぐことはとても大変であり、会社で言われたとおりの仕事をしながらお金を稼ぐことのほうがものすごい楽なことだと思った。

 フリーランスとしての活動は全くしなかったけれど、コレだけは言えるーー楽をする逃げ道がいつでも近くにある分、意志が弱ければすぐに怠けて駄目になる。

 

借金があったこと

 僕の中ではコレが一番の失敗だと思っている。

 

 そもそもなぜ借金があるのに会社を辞めたのか?

 

 「自由な時間が早く欲しくて、ブログで稼げば借金を返して普通に生活できるだろうーーどうしてもお金が無い時はアルバイトをしよう。」

 

そう思っていたからだ。

www.irukasan.com

 こんな風に調子に乗っていたからこそ、借金がある状況で会社を辞められたのかもしれない。 

 

 考え方は人によるのかもしれないけれど、借金などの負債がある時に会社を辞めてフリーランスになることは本当におすすめはしない。

 挑戦することに100%の成功なんて無い。

 僕みたいなとんでもないミスをしてフリーランス生活を失敗したりなど、いろいろな理由でうまくいかない人がいる。負債を抱えたまま悪い流れに進んでいくに連れて焦りや不安がどんどん押し寄せてくあの感覚は本当に苦しい毎日だった。

 つまりデメリットが大きいんだ。

 僕は最終的に社会に戻ってきたけれど、戻ってきた理由は借金を返済しないといけないからだ。

 もう、借金をさせてくれる会社もない状態で、僕はお金に関してどうしようも無くなってしまい、フリーランスに関しては諦めて社会に戻った。

 

 もしも、負債なんてなければ今もフリーランスを頑張っていただろうーー地道に挑戦できただろう。

 

 つまり、負債がありながらフリーランスになるということは時間とお金に追われる不安しか無い生活になってしまうんだ。

 

 

これから会社を辞めてフリーランスになろうとする人に伝えたいこと

 フリーランスになって僕のようになる人は、そうそういないかと思います。

 例えるなら、100人いれば一人いるかいないかの確率だと思います。しかし、ギャンブルをやっていて学んだーー99%の確率で成功だとしても、残りの1%の失敗と出会ってしまうことがある。

 その失敗となるべく出会わないように、失敗の一例として僕のフリーランス生活での反省点をお話させていただきました。

 借金のこともそうです。

 何も背負うものがないからこそ、思い切って後ろを振り返らずに行動できることです。負債がある人はそれを終わらせてから挑戦しましょう。

 それからでも遅くはない!