借金生活の山場が来たのかもしれない

スポンサーリンク

 

 どうもなっつです。

 

 最近、インフルエンザがとても流行っていますが皆さんは大丈夫でしょうか??

 すでにインフルの方は是非ゆっくり休養して、インフルにまだなっていない方はならないように気をつけてくださいね!!

 

...昨日の話

 

 母「大家さんが来て、滞納している家賃をどうしていくかと言う話になった」

 

 突然そう言われた。

 

 他の記事に書いたかもしれないが、家の家賃を何年か前から支払いを待ってもらっている。一応、今では家賃を払っているが滞納している分少しづつしか払えていない。

 

 家賃を払うときに多めに払わなければ滞納している分の家賃を支払うことはできない。

 

 そして続けて母は僕にこう言ったーー毎月、赤字だと。

 

 つまり、まとめて言うのであれば僕が母に支払うお金をもっと多くしなければ、ずっと家計が赤字のままだと言うことだ。

 

すべては僕のせい

 そうすべては僕のせい。

 もともと、滞納していた家賃だって、家計の赤字だって僕が借金をしたせいだ。

 

 借金をして、借金で自分自身を悩ませ、全く借金に関係ない母を悩ませた。

 

 借金を自分でしっかり支払える程度にしておけば、借金なんてしていなければ引っ越しを考えていた母は今にでも引っ越すことはできただろうし、今より楽しい生活が出来たのかもしれない。いや、出来た。

 

 母の人生を邪魔しているのは僕だ。

 

 学生の頃は母に人生を邪魔されているなんて思っていた時もあった。しかし、逆だった。

 邪魔していた。邪魔しているのは僕だった。

 

借金のある今の僕に出来ること

 借金をして迷惑をかけてしまったことは、取り消すことのできない事実だ。だからこそ、なんとかしていけるように収入を増やしていくことしていこうと思う

 

 

ーーと言うのは嘘だ。いや、本当でもあり嘘でもある。

 

 そんなポジティブに考えて行動するだけで済む話なのだろうか?前向きに考えることなんて誰にでも出来る。

 

 むしろ、こういったブログの世界だからこそ「次から頑張ります!!」なんて誰にでも言えたり、文字稼ぎみたいな言葉で終わらせていいほど僕の借金生活は軽いものだろうか??

 

 もっと重く捉えないといけない事実であり、読んでいる人に借金に関してもっと重たく捉えて貰いたい。

 

 読んでいる人が「これはヤバイwwwこんなクソ野郎みたいになってはいけないww」そんな風に思ってくれれば十分だ。

 

 せっかくこういうわけのからない借金地獄の生活をしているんだ、借金がただお金を借りるだけの行為じゃない事を知るきっかけになるブログを作りあげていかないと勿体無いじゃないか。

 伝えられるものがあるなら伝える、それで何かを感じとってもらえたら幸いだ。そして、そんな風にこの借金を中心とした雑記ブログを書いている。

 

 

 さあ、借金と家計の赤字の件。

 アルバイト禁止で残業できない今の会社では、ギャンブル以外の策は思いつかないが、考えていこう。