これからお金を借りられるようになる人達にどう伝えていくか。

スポンサーリンク

 

「僕を悪い手本としてみて欲しい」

 

 

そんな気持ちで始めたこのブログ。

 

僕の過去は直せない、そして失った未来も戻ってこない。

 

それは悔しいので、これから借金を出来るような年代になる人達が、僕と同じ過去を背負って未来を失ってしまうような選択肢を消してしまいたい。

 

多分、他人にとってはお節介なのかもしれない。

それはそれでいい。

 

選んだ道の先を知れば、道は選びやすいだろう。

 

1+1=3という間違った答えを書いた僕の記事を見て、テスト1+1=3は絶対に書く事はないだろう。

 

それと同じだ。

他人の人生の中にある間違った選択肢を一つでも消せるならそれで満足だ。

 

こうしろとは言わない。

 

「なっつ」という僕を語ることで、他人に答えを知ってもらう。

 

それがこのブログを始めた意味であり、やりたい事でもある。

 

しかし、どうしたら伝わるかが本当に悩む。

 

一つの記事にすべてをまとめた方がいいのか?

読みやすいように今のように考えていることや実践したことをバラバラに書いた方がいいのか?

 

どちらが良いのだろうか...