スロットを辞めると言ってもなかなか辞められない

スポンサーリンク

 

何度も辞めることに失敗してきたギャンブルですが、前回の記事で「辞める」ことを決意しました。

スロットをやるのが怖くなった。 - 借金ならあるけれど。なっつの返済ブログ

 

 

 

どうも、なっつです!

 

今週もスロットに行かず、平和に月曜日を迎えられそうです。

 

そもそも、スロットが出来るほどのお金を持っていないので行くことが出来ないのですが...

 

「僕は完全にギャンブルを辞められる時期が来たんだ!」

 

昨日までそう思っていました。

 

しかし、それは思い込みでした。

 

今朝、YouTubeであなたのおすすめに気になるスロットの動画が出てきたので観てしまいました。

 

観てから10分経過したくらいで「あーやりたいなぁ」という欲が出てきました。

さらにタイミング良く、スロットの話を良くしてくる友人からLINEが来てスロットの話をしてし待ったことで余計にやりたくなってしまいました。

 

動画も5.9号機の実践であまりシステムを理解していなかったのですが、はっきりと理解することが出来たことで「お金を今よりも増やさなくなるなら、今のうちに挑戦して増やした方が良いのでは?」と考えてしまうこともありました。

 

 

辞められた。

 

辞められる。

 

そう思っていた。

 

けれど、結局はちょっとしたきっかけで「やりたい」という気持ちが復活してしまうんだなと改めて感じたーーそうやって今まで辞めることに失敗してきた。

 

ちょっとしたきっかけで「やりたい」という気持ちになってしまうのであれば、どれくらいの期間ギャンブルをしなければ「辞めることが出来た」と言えるのだろう?

それともスロットの話をしたり、動画を見てもなんとも思わなければ本当の意味で辞めたと言えるのだろうか?

 

タバコを辞められない人を散々、「辞めるだけのことなのに、なぜ辞められないのだろうか?」と思っていた自分がとても恥ずかしい。

 

習慣だったものを辞めることがこんなに難しいことだと思いもしなかった。

 

1番耐えないといけないのは給料日だ。

お金が無い日はやりたくても出来ない。しかし、給料日は支払いに使うお金ばかりと言っても目の前には約20万円もある。

 

借金が無ければ気にすることが無ければ普通に娯楽として楽しむことが出来たスロット。

 

借金を2年前に借金をした自分がとても恨めしい。

 

そんなことを言っていても仕方ないか。

 

やりたい気持ちを抑えるのは無理かもしれないーー今回のことでものすごい思った。

 

それでも、今日1日だけ我慢しよう。

そうやって毎日を積み重ねて辞めることを頑張って行きます。