自販機の下を見てお金を探す人について思ったこと。

スポンサーリンク

 

 会社帰りの駅のホームでの出来事...

 

 後ろから急に「ズタァズタァズタァ!!」と効果音が出そうな勢いでこちらに走ってくる男性がいた。

 

 「おっ!なんだなんだ?!?!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ」

 びっくりした僕は、いきなり刺されたりしないだろうかと不安になりながら身構えた。

 

 しかし、それは幸いな事に僕の勘違いであり、その男性は僕の横をビュン!と通り過ぎて数十メートル先のお菓子が売っている自販機の目の前で急停車した。

 

 「そんなにお菓子を買いたかったのね(笑)」

 

 なんて思って見ていると...

 

 彼は急にしゃがみ込んで自販機の下を覗き込んだーーこの時点で僕は察した。

 

  案の定、彼は近くの自販機の下を片っ端から覗き込みまくっていた。

 自販機の目の前で何を買おうかと選んでいる人がいたって関係ない。「邪魔だ!」と言わんばかりの勢いで押し退けて自販機の下を覗き込む。その繰り返しだ。

 

 明らかに「そこにはさすがにお金なんて無いだろう..」と思えるような場所まで探している姿を見て僕は思った。

 

 自販機の下や変な所に1000円以上のお金が落ちているなんてそうそうに無いだろう。ましてや、500円が落ちていればもう大金を手にしたに等しいと思う。

 何円、何十円の為に周りに見られながら真剣に探す姿。それはまさしくお金そのものを大切にしているように思え、必死でお金を増やし、必死で生きようとしているのだろうと思えた。

 

 僕自身が彼を見て勝手に思った事であり、実際に自販機の下を覗いてお金を探していたのかすらわからないーー別の目的だったのかもしれない。

 どんな理由でそういう行動をしていたのか、その真実は彼にしかわからないけれど僕にはそう感じた。

 

 正直に言って、100円にもならないものを必死で探すのがバカらしくそんな事までしてお金を探したくない。そう思っている自分がいる。

 その時点で彼のような人達に負けているのだろうーーお金を大切にする気持ちや必死になる気持ち。

 

 本当に転がっているお金を探し出したりしなければいけないのは、アルバイトも許されない会社で働いている多額の借金を抱えた僕なのだろう。

 

 転がっているお金を拾って勝手に自分のものにして良いのか悪いのかは正直に言ってわからないので、もちろんそういうことはしませんが自分の努力してというのは100%のうち1%にも満たないのだろうなと考えさせられた出来事だった。