友人に借りた借金を踏み倒した?それとも...

スポンサーリンク

 

 

【友人に借金を返済する】

 

 それを目標にして、過去にこんな挑戦をしたこともありました。

www.irukasan.com

 

 できればその時の記事を順番に読んでいただきたい気持ちもありますが、結果を言ってしまいますと...友人に借金を返済するどころか、別の借金返済がとても苦しくなって自滅しました。

 

 そして冬のボーナスの時には、借金をしている友人に誘われたーー借金は夏のボーナスで返済するという約束することでーー年末ライブに行って冬ボーナスをその友人への返済に使えなくなるというマヌケなことをした。

 

 そこからはもう少しスロットを頑張ってみて、友人から借りたお金をなんとか早く返済が出来るように気合いを入れて頑張るも、余計に自分の首を絞める結果になった。

 

 「友人に早く借金を返したい」

 

 友人から借金を借りた日から、日が経つごとにその思いは強くなり焦りを感じる機会が増えていった。

 

 そのうち、【友人から借金をすること】についてしっかり書こうと考えていてその時に詳しく書くのですが、何年か前に別の友人から1ヶ月後に必ず借金を返すという約束をしてお金を借りたが、結果的にその友人とは縁が切れることになった。

 

 人の気持ちなんて簡単に変わる。

 最初は信じてお金を貸してくれても、時間が経つにつれて信じられなくなってくる人もいる。

 

 借りている自分が悪いのだけれど、そのパターンが起きてしまうことがとても怖かったーー友人を失う。というよりはお金をすぐに返済出来る状況ではなかったから。

 

 いつ、いきなり「返してくれ!」と言われるかビクビクしながら友人から借金をして約9ヶ月間待った。ーー約束した夏のボーナスの日を。

 

 「やっと友人に借金を返せる〜(´∀`)」

 

 「一つの借金が終わる〜(^-^)」

 

 なんて珍しくウキウキしながら会社に行き、ボーナスの明細を見ると驚いた。

 

f:id:pprp:20180731001550j:image

 明細見た瞬間にこのシーンがパッと出てきた(笑)

www.irukasan.com

 

 とりあえず、友人に借りていた借金にボーナスを使えるだけ使って残り10万円になった。

 

 約15万円だった借金が残り10万円になるのは嬉しいことでもあるが、とても遠すぎるお金だった。

 

 冬のボーナスまで待ってくれる話にはなっていたが、「またボーナスが少なかったらどうしよう」、「そもそもボーナスが無いかもしれない」とそんな不安を抱えるようになった。

 

 

 しかし、凹んでいたけれど約一週間後に僕は友人に残りの借金である10万円をきっちり返済することができた。

 

 たった一つだけれど、大きな一歩だ。

 

 借金を一つ終わらせられたのだから。

 

 こんな風に借金をまたひとつ終わらせたい。

 

 いや、終わらせていこう。

 

 

 

 

 

 

ーー友人に借金を返済出来た理由は、この次の記事に書きます。