25歳から26歳になって借金があることへの焦りがかなり出てきた

スポンサーリンク

 

どうも、なっつです。

 

25歳から26歳になってもう5日も経ちました。

 

正直、あまり実感も無いですが...学生の頃に「あぁ...30歳になるの嫌だな。。」なんてことをよく思っていたのに気がつけばあと4年しかありませんね。

 

「早く借金を終わらせたい」

 

そういう気持ちと反比例するかのように、支払いが自分のところに飛んでくるーー特に税金。

 

多く返済できるはずなのに、そういった出費のおかげでただ決まった金額を返済しているだけの日々。

なにも変わらない毎日ほど幸せなことは無いと想うけれど、自分の生活から借金がいつまで経っても消えないのもどうかと思う。

 

25歳が終わり、26歳になって20代後半

になったかと思うと急に焦りが出てきた。

「このまま20代の大半を借金と共に過ごして無駄な時間を過ごしてしまうのか?」

 

ーーそう思うと辛く苦しい。

 

 

 

人生を終わらせたらどれだけ楽になるのだろうか??

 

そんなことをこれまで何回思ったのだろうか...

 

そしてこの時期が一番苦しかった。

www.irukasan.com

 

 「お金を返せ。」

 

「今は無理!」

 

そんなやり取りをする日々が嫌で仕方なかった。

 

お金を返す方法なんて完全に何もない。

 

給料をすべて使っても足りない。

 

そんな状況で「返済計画を教えてください」、「月末までに支払ってください」、「債務整理したらどうですか?」などの言葉がとても苦しかった。

 

どう頑張っても犯罪をすることくらいしかお金を返済する手段がないくらい追い込まれている状況だったから...

 

そんな状況を考えたら今の状況なんて比べ物にならないくらい幸せな状況なんだと思う。それでも借金も無く普通に暮らしている人からす見れば残念な生活を送っているように見えるのかもしれませんね。

 

今だからできることってたくさんあると思う。

 

その一度しかない時期を「借金があるから。。。」で何もすること無く時間が過ぎ去っていくのはとても辛い。

30代に徐々に近づいていく中で焦りが大きくなっていくのを少しづつ感じている。