死んでしまいたいと思っていたけれど、いざ実感すると怖い

スポンサーリンク

 

最近、口の中に変な物が出来ていたことに気が付いた。

 

見てみると黒くなっているけれど、血の塊ではなさそうだ。

 

口腔癌とかそういったものの類なのだろうか?

 

調べても何もわからないので、今週中に口腔外科に行ってこようと思う。

 

借金を返済する生活が嫌で死んでしまいたかった

借金を返済し続ける生活、貴重な20代を借金で潰し続ける毎日が嫌でどうせなら死んでしまいたいと思っていた。

実際、自分自身何の為に生きているのか?そういったことを考えた時に何も思い浮かばない。

何も思い浮かばないのなら生きていても生きていなくても同じことなんじゃないかと思っていた。

 

死に繋がる病気なのかもしれないと思った時

調べても情報を得られない自分の現状がとても不安で、これがもしも死に繋がるような病気だとしたら...

そう思ったら急に怖くなった。

 

1番怖いのは働かなくなって借金が返済出来なくなること。

 

借金を残したまま死ねば母にこれ以上ない迷惑をかけることになる...それだけは絶対に避けたい。それまでには絶対に何があっても死ぬわけにはいかない。

 

そう思っても重病にはなかなか勝つことが出来ない現実。

 

僕自身が働けなくなったら完全に終わりだ。

 

もし、働けなくなったら

 

もしも自分が働けなくなった時はどんな対応をすればいいのだろうか...

 

債務整理...ではダメか。

やっぱり自己破産なのだろうか。

 

そもそも、自己破産を出来るのだろうかすらわからない。自己破産をすることが許されなければ結局は同じこと。

 

結果がわかっていない状況であれこれ考えても仕方ないのだけれど、もし何も自分の体に異常がないのであれば「早く借金を返済する」それをなんとしてでも実行したい。

 

来週の月曜日に自分が今どんな状態なのか診察してもらう。正直に言って結果を知るのが怖い、そのまま時間が経てば症状も無くなっていていつの間にか忘れているっていうことになれば良いのにとも思っている。

 

こういう時っていつも悪い方向に事が進むから....