HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛同棲時代

「仮想通貨をやらなくて良かった」

スポンサーリンク

 

 

 仮想通貨が大暴落したらしいーー今更の話だが。

 

 正直、仮想通貨をやっていなかったのであまりそういった実感は特にないーー完全に他人事だ。

 

 ただ、周りでよく聞くのが「仮想通貨やらなくて良かった」、「ざまーww」、「人生詰んだ...」なんて言葉だった。

 

 そんな中で「やらなくて良かった」って言葉にとても腹が立つ。

 「これダメそうだな〜」とか予想を立ててやらなかったなら「すごいな」なんて思ったりもするんだけれど、リスクが怖くてやらなかった、知ろうともしなかった人がそうやって「やらなくて良かった」とやっている人の前で「やらない方が正解じゃん」で話をまとめるのは物凄く腹が立つ。

 

 仮想通貨に関しては「やってみないか?」なんて誘われたりしていた。

 それでも結局はやらなかった。

 理由は簡単だ。

  • 資金が無い
  • 怖いーーよくわからないから
  • 優柔不断だから

 

 優柔不断なのが1番の理由かもしれない。

 個人的には仮想通貨やらそういった株みたいなもの?ってすごい競馬と同じようなイメージがあるんですよねーー勝手なイメージだし、同じではないと思いますが。

 

 競馬をやっていた時、馬券をネットで購入する際締め切りギリギリまで購入するか悩んでいました。

 よし!!購入しよう!って思った時に会社の先輩に長話をされて購入しようとした時には締め切り時間を1分過ぎて購入出来ませんできなかった経験があります。

 

 結果、もしも購入出来ていれば10万円の利益が出ていました。そして、これを購入できていれば今の借金生活は絶対に送っていなかった。

 

 優柔不断な僕が仮想通貨などのことをすれば、また機を普通に逃してしまうのだろうーー決断力がないという事だ。

 

 「僕には向いていない」

 

 思い返してみれば、スロットやパチンコをやる前も今の仮想通貨と同じ見方をしていた。

 結局、知ってからやり始めることになったのだけれど、知らないと興味がわかないけれど知ると興味が出てくる。とても不思議だ。

 

 知らないことに関しては怖いと感じて避けてしまうのだろうか?正直わからないけれど、仮想通貨に一度でも手を出していたのなら今でも僕はやっていたのかもしれない。

 

 一つ確実に言えるとすれば、僕のようにスロットですら設定の良いお店に行こうとする努力をしなかった。

 

 そんな努力もしなかった僕が仮想通貨で勝つなんて無理な話だ。

 

 ロト6でもおとなしく購入しておいた方がまだ良いのかもしれない。

 

 同じ借金を持っている方で挑戦された方は初めてみてどうだったのでしょうか。

 

 上手く借金の返済に使える位、収益を上げることができましたか?