借金を増やす原因。先輩からギャンブルやキャバクラのお誘い【無理な時はハッキリ断ろう】

スポンサーリンク

 

どうも、なっつです。

 

 会社で働いていれば同僚や先輩など、いろいろな方からお誘いがありますよね?

 

 お誘いと言ってもいろいろあります。

 ご飯や遊び、ギャンブルやキャバクラなどたくさんありますよね?

 

 僕の場合は本当に幅広くお誘いしてもらっています。

 出来ればせっかくお誘いしてもらったので「期待に応えたいな」と思って都合が悪かったり、お金のない時でもなかなか断ることができません。

 同僚や先輩、友人からのお誘いに対してそう思うのではなく、誰にでもそう思ってしまう悪い癖なんだと思います。

 ご飯に行ったり、遊ぶことに関してはそこまでお金を使うことはありません。使ったとしても1万円くらいーー「1万円くらい」と言っている時点で僕の金銭感覚がおかしなことになっているのかもしれませんが..

 借金がある僕の全財産を蝕んでいる原因は、友人や先輩にギャンブルやキャバクラに誘われて断れずに一緒に行ってしまっているからです。

 

お金が無くなった後の事は知らない

 せっかく誘われたので、あまり乗り気じゃないけれど一緒に行くーー例えるならパチンコ。

 借金を返済するために残しておいたお金を使ってでも誘いを受けて行ったパチンコ。結果的に大負けして、「大丈夫??」と聞かれたことに対して「めっちゃヤバイです」と答えても笑われるだけ。

 そう、気付くのが本当に遅かった。お金のことになると結局は他人事なんだ。お金を貸してほしいとかそういうわけではない。「めっちゃヤバイです」の後に何か聞いてきても良いのではないだろうか??

 

 聞かない。笑うだけということは結局は他人事にしか思われない。

 誘われてついていった先で起きた出来事は所詮、他人事にしか思われないのだと知った。

 

 中には例外な人ももちろんいるし、実際に居た。すべての人がそういう人とは言わないけれど、そういう人ばかりなのも事実なのではないかと思う。

 

 自分の身を削ってまで付き合って、不利益な出来事が起きても他人事にされるのであれば、一体僕が無理して付き合った行動はなんだったのだろうと思う。

 

 最終的には断れない自分が悪い

  付き合った結果、どうなったとしても結局は誘いを受けて同じ行動をした自分が悪い。ギャンブルに誘われて自己破産する結果になろうとキャバクラに連れて行かれて借金の返済ができなくなっても、結局はその行動をした自分が悪い。

 誘ってきた人だってその後に起きる出来事がどうなろうと知ったこっちゃないのが現実なのだから。

 

断る勇気を持とう

 多分、僕のように金銭的に辛くても誘いを断れない人っているかと思います。だからこそ自分を含めてこうやって行動してほしいなって思う行動がある。

 自分の事を誘ってきた人は自分の身を削ってまで誘いを受けたい人ですか??

 違うのであればハッキリと勇気を持って断りましょう。

 

 別にその人から今後誘われなくなっても、影で「ノリ悪い」とか言われても良いんです。

 はっきり言ってそういう人と自分が無理をして付き合っても損をするだけだし、そういう人は自分の人生の中で役に立たないただの村人Aみたいなものです。

 

 自分の人生(ストーリー)の中で主要人物となってくれる人は、誘いを断っただけで変な関係にはなりません。

 

 大学生の頃、友達の誘いでスロットに行き続けて今となってはギャンブル依存症(かもしれない)

 社会人になって彼女の言うことを断れなくて今でも多額の借金を抱えている

 転職して、上司からギャンブルやキャバクラに誘われてなかなか断れずに借金に使うはずのお金を使ってしまっている

 

 そんな僕が自分と同じような人、そして自分に伝えたいことでした。