HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛同棲時代

僕が就活で失敗したこと【失敗談】

スポンサーリンク

 

就職活動は人生において切っても切り離せないものですよね?

 

「俺(私)は働かないぞ!!」

 

という方は例外ですが、基本的に就職活動をしない人は殆どいないかと思います。

 

就職活動は様々なことを考えたり、採用試験で緊張しながら自己アピールをしていかなければなりません。

そんな本気で取り組まないといけないイベントだからこそ、様々な「やってしまった...」というような失敗も起きてしまうのだと思います。

 

この僕の失敗談を読んで頂く就活生のあなたに、何かしら「ここは気をつけないとな~」って思ってもらえるようと幸いです。

 

 

 

履歴書に不備があった

f:id:pprp:20170313135228j:plain

会社にもよりますが、履歴書はとても大切なものです。

しかし、僕はその履歴書を前日に急いで書いて当日に提出した結果、提出した履歴書のコピーを見ている時に住所にふりがなを書いていないことに気が付きました。

 

住所のふりがなくらい別に気が付かないのではないかと思いましたが、面接室に入った時に「履歴書に不備がある状態で提出してしまいました。失礼なことをしてしまい、大変申し訳ありませんでした!!」と言いました。

面接官6人が「ん?どれだどれだ?」みたいに探し始め、面接官の1人が「あっこれか!」と言ってやっと不備があったことに気が付きました。

 

履歴書に関してはそこまで細かく見てはいないんでしょうね。そのまま不備があることを黙っていれば、面接会場で謝るなんて恥ずかしい行為をしなくて済んだのかもしれない。

 

そもそも採用試験の前日ではなく、もう少し前から履歴書を作成していれば前日に気付いて修正できたのだろう。

 

準備は早めにしておかなければならない。

 

www.irukasan.com

 

志望理由は「忘れました!」

f:id:pprp:20170314044253j:plain

上の話の続きですが、採用試験の前日に履歴書以外にも面接の準備も前日にしていました。

前日や当日の朝の時点では何を聞かれても大丈夫な状態でした。

しかし、上の話の通り面接の最初から謝ってテンパってしまった結果、面接官の人に「では、まずは志望理由をお聞かせください」と言われた時に僕は気付いたーー何を話すかすべて忘れた。

志望理由くらいその場でなんか言えるだろう。思い付け、考えるんだ!

そう思ったがさっきまでテンパっていたせいか、何も思いつかない。例えるなら、謝った時から頭の中が真っ白になっていた。

 

そして僕はこう言った。

 

「すみませんーー忘れました。」

 

後で冷静になって考えたのだが、志望理由を忘れた=志望理由を暗記しているということになる。

そもそも、忘れてしまうくらいの志望理由なんてどうしてもその会社に入社したいというわけではないと遠回しに面接官の人たちに伝えているようなものだ。

面接は終わったけれど、急に恥ずかしい気持ちになった。

 

付け焼き刃の志望理由なんてちょっとしたハプニングがあればすぐに忘れてしまうもの、何度も練習を重ねて覚えなければ本当の意味で実践としては使えないのだろう。

 

電車を乗り過ごした

f:id:pprp:20170319043142j:plain

電車の時間や使うルートは前日に覚えたり、電車に乗っている時に確認したりしていたのですが、「〇〇駅で降りるのはしっかり覚えた、〇〇駅って言ったら降りればいいからもう確認しなくていいや」

そう思って自分がどの駅あたりにいるのか確認してみると、驚いたことに降りるはずの駅をとっくに通り過ぎていた。

急いで引き返したが、採用試験の会社に間に合わないので電話をして遅れることを伝えた。

 

こんな大事な日に電話を乗り過ごすとは思いもしなかった。

 

油断大敵でもあり、採用試験は行って帰ってくるまでが試験なんだと考えを改めてさせられた。

 

筆記試験で1問もわからなかった

f:id:pprp:20170313231030j:plain

採用試験は面接だけだと勘違いしていた。面接だけだと思っていたから勉強などのことは特に何もしていない。しかし、試験会場に到着して待合室で始まるのを待っていると採用担当者が「これから筆記試験を行います」と言い出した。

いやいや、そんなことは聞いていないぞ?と思ったが、なんとかなるだろうと思って問題を見てみるとすべてわからなかったーー普段から勉強を適当にやっていたツケが回ってきたのかも知れない。

 

結局、自身を持って「これは正解だ!!」と自信を持って言えるような回答は一つも出来なかった。

テストが何点だったのかはわからないけれど、その筆記試験を僕は通過することができなかった。

 

 

 

僕が自分のした失敗から学んだこと

f:id:pprp:20170319184059j:plain

思い返せばまだまだ就活での失敗談はたくさんあるのかもしれないが、一番記憶に残っているのはこの4つの出来事だ。

就活を正直に言ってナメていた自分がいたのもある。

「受けていればそのうち受かるだろ」

そんな感覚だ。

だからこそ、こうやって失敗をしているのだろう。

就職活動で失敗したことを含めて、皆さんに僕からアドバイスできることは...

 


  • 準備は早めにしておくこと
  • 行って帰ってくるまでが採用試験

 

この2つです。

当たり前なようですが、就職活動を行っていると毎日気が張り詰めているので、一度でも気が緩むと歯止めが効かなくなっていろいろなミスを引き起こしてしまいます。

「あ~就職活動嫌だな~」

そう思った時にこそ、もう一度自分の就職活動への取り組み方が合っているのか確認することが大事なのではないでしょうか。