「部活を辞めたい。」それは本当に辞めることが正しい選択ですか?

スポンサーリンク

 

 部活をしていれば1度は「辞めたい..」そう思う時があるかと思います。

 

 僕は何度も部活を辞めたいと思った結果、中学、高校と部活を3年間やりきることをしませんでした。

 

 多分、この記事を読んでくださっているということは、「部活を辞めたい...」と考えて悩んでいるからこの記事にたどり着いたのだと思います。

 

 「こうしろ!!」とは言いませんし、哲学的なことも語ることはできませんが、部活を辞めて2度途中で辞めてしまった僕が皆さんと同じ目線に立ってその「部活を辞めたい」という気持ちを実現してしまって良いものなのかを皆さんと考えていきたいと思います。

 

 

 

部活を辞めたい理由

 部活を辞めたい理由は辞めたい人の数だけ存在します。

 人間の数だけ物語があり、自分の物語に部活が合わないと感じれば「辞めたい」と感じるでしょう。

 まずは僕が先輩、友人、後輩、学生の方から実際に聞いたことのある部活を辞めたい理由を代表的な例としてまとめてみたいと思います。

 

  • めんどくさい
  • 人間関係
  • アルバイト
  • 学業
  • 恋愛
  • 家庭の事情

 

 上記のことで「部活を辞めたい」と考えるパターンが代表的な例かと思います。

 

 では、代表的な例をもう少し具体的に見てみましょう。

 

めんどくさい

f:id:pprp:20170303214825p:plain

 やっていることが単純にものすごい好きな人でない限り、部活がものすごく邪魔に感じる時があるかと思います。

 ミスすると怒鳴られたり、厳しい練習や休日の練習、朝練などを嫌に感じた時に「あぁ、今日も部活かーめんどくさいなー」なんて思う場面が多いかと思います。

 

 僕もよく部活が「めんどくさいな~」って思う場面が多かったですし、それが理由で部活を辞めていくことが多かったように感じます。

 

 

人間関係

f:id:pprp:20170303223233j:plain

 

 人間関係と言っても沢山の理由がありますよね??

 

  • 先輩・同級生・後輩からのいじめ
  • 顧問との喧嘩やいじめ
  • 部員と息が合わない

 

  大まかな理由は上記だと思います。

 僕は中学生の頃に顧問と喧嘩をして、野球部をそのまま辞めてしまいました。

 

 幸いにも部員に恵まれていた環境だったので、いじめや息が合わないなんてことはなかったのですが、もし、いじめなどがあれば本当に部活をやめたくなってきますよね?

 

 人間関係は部活が楽しいか、楽しくないかの重要なポイントだと僕は考えます。

 

アルバイト

 中学生ではアルバイトをする機会なんてほぼ無いので関係ないお話かもしれませんが、逆に高校生にはものすごく関係があるお話かと思います。

 高校生になると自分の生活スタイルの選択肢に【アルバイト】という行動が追加されます。

 これはとてもうれしいことですよね?

 遊び歩きたい時期に自分でお金を作って自由にそのお金を使うことが出来るのですから。

 遊び歩きたい以外に、家計を助けるためにアルバイトをしようと考える聖人のような方もいます。稼いだお金をどう使うにしても「アルバイトをしたい!!」そう思う方も少なくはないかと思います。

 

 しかし、部活をやっているとアルバイトに使う時間がなかなか取れないのも事実です。【部活】を優先するか【アルバイト】を優先するかのどちらかになります。部活を優先すればアルバイトの選択肢は減ってしまい、アルバイトを優先すると部活に参加できる日にちが減ってしまい周りの視線も少し気になるようになってきます。

 

 それ以外にもそもそも部活の決まりで、【アルバイト禁止!!!】としている場合もあります。実際に高校生の頃に僕がやっていたテニス部ではアルバイトをすることは完全に禁止されていましたーー当時、アルバイトをしたいから部活をやめた人が僕の所属していた部活だけでも相当いました。

 アルバイトをやりたい人からすればもう部活を辞めたいと思いすぎるほどに辞めたいと思ってしまいますよね?

 

学業

f:id:pprp:20170303212428p:plain

 

 自分自身に行きたい進学先があるのであれば、学業はとても大切なものになってくるかと思います。

 中学、高校と特に勉強が大切な時期ーー僕は勉強をしませんでしたがーーなので塾などに通いたいと思ったり、通わせられることもあります。

 そんな時に部活動でヘトヘトになって帰宅して「さぁ、勉強しよう!!」なんてそんな気持ちにはなかなか切り替えることができませんよね?

 あまり勉強をしてこなかったので、学業が理由で部活をやめたい人はもっと違うことを考えて辞めたいと思われているのかもしれません。

 

 ただ、学業と部活動を同じように一生懸命頑張るというのは難しいことだと僕は思います。

 

恋愛

フリーイラスト, フリーイラスト, CC0 イラスト, ベクター, EPS, 人物(イラスト), カップル(イラスト), 二人, マフラー姿, 冬(イラスト)

 

 高校生なんかは特に恋人ができ始めるときかと思います。

 初めての恋人ってなんだか嬉しかった記憶を今でも覚えています。

 

 そんな嬉しかったときだからこそ、学校終わりにデートしたり一緒に帰ったりするのがとても楽しみだったりもしますよね?しかし、同じ部活なら良いですが、どちらかが部活をやっていない場合はなかなかそういったことってできないですよね?

 

 完全に個人的な体験談ですが、当時付き合わせていただいていた彼女がいろいろなことで悩んでいた時期ということもあり、通っていた学校も互いに違っていたので部活がとても邪魔でした。

 邪魔というか、部活をやっていると彼女の話を聞いてあげられる時間が作れなかったので最終的に僕は部活を辞めました。

 

家庭の事情

f:id:pprp:20170303224126p:plain

 

 人それぞれ家庭にはいろいろなことがあります。上の方でお話した家計の為にアルバイトをする行為と同じようなお話になってしまうかもしれませんが、業界の景気が悪くなって親の稼ぎだけだと厳しいから自分もアルバイトをして家計を助けなければならない。

 親の調子が悪いから学校が終わったら、早く帰って家のことをしなければならなくなったなど、様々な理由があります。

 

 実際に親のやっている職種の業界が景気悪くなってしまったり、おばあちゃんの具合があまり良くないから部活をやっていられないなどの理由で退部していった人がいました。

 

 

部活を辞めてしまっていい理由

 

 僕は神様でも親でもないので特に命令しているつもりではなく「こんな理由だったら辞めても後で後悔したりしないんじゃないのかな?」という気持ちでお話しているので、そんなに重く捉えずに軽い気持ちで読んでみてください。

 

 部活をやめたいと思った時、それを行動に移してもいいのはこんな場合だと僕は思います。

 

 

 部活を続けたら取り返しがつかない結果になってしまう

 

 こんな時は部活を辞めたいと思ったらすぐに辞めてしまっていいかと思います。

 

 取り返しがつかない結果ってどんな時だろう?

 

  • 家庭的な問題
  • 自殺したくなるほどのいじめ

 

 僕の考えだとこの2つの理由だったらすぐに辞めてしまってもいいかと思います。

 

 

家庭的な問題

 ただ、辞めなくても「しばらく部活を休むだけでも良いのかもしれないね!」っていう場合もあります。

 家庭によって軽いことから深刻な問題まであるの安易に例を出すことはできませんが、短期間で乗り越えられそうな問題なら辞める決断をする前に顧問に相談してみるのも良いかもしれません。

 長期的に休む形になっても許してもらえるような部であれば遠慮なく甘えてしまうことをおすすめします。

 

自殺したくなるほどのいじめ

 

f:id:pprp:20170303211513p:plain

これはすぐに部活を辞めましょう。

 

 やる気のない人が部活動をやることは、正直に言って時間の無駄ですが、自殺してしまいたくなったり好きなものを嫌いになってしまうほどのいじめを受けて悩んでいる方が時間の無駄です。

 いじめで自分の好きなものを邪魔されるのであれば、邪魔されない他の場所でやりましょう。あなたが好きなものを楽しんでやれるフィールドは学校の部活だけではありません。

 いじめに我慢していじめっ子に合わせて生きるのはとても勿体無いです。

 

 辞める時、辞めた後に何か言われるんじゃないかと気にして「辞めたい..」と思っていても躊躇してしまうかもしれませんが、その時は勇気を出して顧問に退部届を出してしまいましょう。

 自分が壊れてからでは遅いです。

 

 辞めないほうが良い理由

 

 一時の感情で辞めてしまうのは論外だと思います。

 

 その感情で何かを辞めてしまうのは非常に勿体無い行動だと僕は思う。

 

 僕が2度部活をやめた理由、2つとも記事にすでに書きましたが..

 

  1.  顧問と喧嘩したから
  2. 彼女の相談に乗る時間が欲しかったから

 

 どれも一時的な感情なんです。

 

 顧問と喧嘩しましたが、その後に僕は謝ってもらいました。しかし、その時は素直になれずにそのまま顧問の事を避けて部活からも遠のいて辞めました。

 彼女のことに関しては、正直に言って恋人が身を削って相手にどんなことをしてあげても時間が絶てば「なんのこっちゃ。笑」という話になるので、僕のように相手に何かをし続けてあげたいから部活を辞めて時間を作るだなんて、一番無駄な行為かもしれないです。

 

僕が部活を辞めて一番後悔したこと

 

f:id:pprp:20170303194447p:plain

 彼女に時間を使いたくて部活をやめた結果、今でも付き合っているのか?何かしらの関係があるのか?

 

 何もありません。

 

 記憶にもありません。

 

 最近、この歳になって気が付いた。

 

 「あの時、僕が部活を辞めた意味はなんだったのか」

 

 この通りありません。

 

 いい思い出?

 

 いやいや、2年しか部活をしていなかったけれど同じ2年間付き合っていた彼女よりも部活のほうが本当にいい思い出だったと僕は思っている。

 

 だからこそ、僕は一時の感情で部活を辞めてきたことを後悔している。

 

 

どんな理由であれ部活を辞めることは悪いことではない

 

 この記事を最初から読んでくれている人は思うかもしれないーー僕が「部活は続けたほうがいい。」という考えを持っていることを。

 

 確かにそうだ。この後に語るが部活は続けたほうが良いと思う。しかし、部活を辞めることは悪いことでもなく、部活を最後まで続ける人がすごいわけでもない。

 

 逆にみんながもくもくと部活に取り組んでいる中、自分が「こうしたい!!」と自分で決めて自分が周りと違う選択をして行動を出来る。これはとても素晴らしいことではないだろうか、社会に出てもそれは十分武器になると僕は思う。

 

 積極的に行動するというのはどんな立場になっても重要な事だ。

 

 しかし、部活を辞めた後にきっと後悔する日がいつか来ることも覚悟したほうがいい。だからこそ、辞めてよかったとも思えるような行動を辞めた後にしていかないと行けないのもまた事実だ。

 

 

 

まとめ:決めるのも、その選択に責任を持つのも自分自身

f:id:pprp:20170303232249j:plain

 「若いのだからやり直しは利く

  

 すでに聞いているのかもしれない、これから先言われる言葉なのかもしれない。ただ、そのうち聞くであろう言葉だ。

 

 「若いんだから失敗したっていくらでもやり直せる。大丈夫だよ。挑戦していけ~(・∀・)」

 みたいな若い人に向けた前向きな言葉らしい(情報源→しょうもない上司)

 

 若ければ若いほど、その言葉の通りなのかもしれません。

 

 しかし、僕は何に関してもやり直しはできないものだと思う、やり直しとは【初めから】だ。物事はやり直せても、それに使った時間は永久に戻らない。やり直しではないんだよ。やり直す分、それに対して時間を使っている。

 

 それが現実だーー大量にある限られた時間で失敗を誤魔化している。

 

 誰にでもどんな道でも自由に選ぶ権利がある。

 部活を辞めたいけれど本当に辞めて良いのか悩んでしまう。そんな人達が世の中には沢山いるかと思います。

 人に相談してみてそのまま実行したり、複数のひとに聞いていい部分を合わせて行動してみたり、参考書程度に踏み台にしてもいいと思います。

 

 

  結局、部活を辞めるか辞めないかは自分次第って便利な言葉で終わらせてしまいますが、本当に自分次第なんだと思います。

 

 多分、他の人の言葉で選んだ選択で後悔した時にはもっと後悔することになるだろう。

 

 自分の人生の分岐点を決めるというのはとても難しいことかもしれないが、自信を持って選択しよう。