HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金よりも怖いと思ったタクシーの運転手

スポンサーリンク

 

 どうもです。なっつです。

 初めてブログに来られる方は初めまして、借金を抱えているなっつです。

 

 皆さんは普段、タクシーを使うことってありますか?

 僕は最近まであまり使う事が無かったのですが、前に勤めていた会社の先輩と夜に飲み屋に連れて行ってもらうことが多く、その帰りにタクシーで送ってもらうことも多いんですよね。

 

 最近、タクシーを使うようになる前は、自分の中で勝手に安全なものだと勝手に思っていましたが、僕の勘違いだということに気が付きました――もちろん、地域だったり、人によって違うのかもしれませんが。

 

 ある日、先輩と飲み屋の場所を変えようと言われたのでタクシーに乗ったんですが、そのタクシーの運転手(60代)は運転が危なっかしくて(一時停止を止まらなかったり、急ブレーキを何度もしたり)、なんだか僕達に気を使って話しかけてくれているのですが......

 「運転に気を使ってくれ!!!!」

 そう心のなかで叫んだ。

 目的地に近づいてきた頃、運転手の話が加速しだした。

 運転手が「お客さんもそう思うでしょ??」

 と言いながらこちらに振り返った時、僕は「あなたは前!!!前を見ていないと絶対ダメ!!」と心のなかで叫んだと同時にとんでもない光景が見えた――振り返った方向と同じ方向にハンドルを切っていた。

 こんな運転をされたら、タクシーの運転手をやる前は生コン車を運転していただなんて信じられなかった。

 死人が出ていないことにびっくりだ。

 

 この話を他のタクシーの運転手(70代)に話してみた。

 「あ~それはありえないね、人の命を預かっているのだからそんなことがあっちゃいけないよ~」

 「私は載せているお客さんを大事に楽しく目的地に運ぶのがお仕事ですから^_^」

 うんうん、そうだよね。他人が乗っているのだから安全に運転してもらいたいよねー.

 

 って、おいー!さっきからアナタも信号無視と踏切で一時停止してないからね!!!!僕の目的地を勝手に変えないでくれ。僕にはまだまだ借金があるんだ......

 

 その日、車の事故が多い原因を少しだけ僕は理解できた。