借金を滞納していたゆうちょとの長い縁をやっと切ることができた

スポンサーリンク

 

 どうもなっつです!

 

 今日、1ヶ月ほど借金を滞納しながら連絡も完全に無視をしていたゆうちょとの縁がやっと切れました。

 

 事の発端はここからですが....

www.irukasan.com

 

 多額の支払いを巡って幾度となく「返せ!!」「無理!!」のやり取りを馬鹿みたいにしていたんですが、母の助けによって一度は縁が切れた。

www.irukasan.com

  

 しかし、一度切れたと思った縁も「後から遅れて別の支払いを請求します」というようなことを言われて「あぁ、ゆうちょからの借金はまだまだ終わらないのか...でも、8万円くらいならすぐに返済できるだろう!!」そうやって僕は思っていた。

 

www.irukasan.com

 

 これがきっかけで、ゆうちょに返済するはずだった借金を返済できなくなった。

 つまり、また滞納生活が始まった。

 

 支払日を過ぎてからというものの、僕のiPhoneが鳴りまくったーーもちろん無視した。

 この時僕は思ったーー会社の電話番号教えなくて良かった。

 

 無視し続けると電話が来なくなった。その理由はすぐにわかった。

 

 前回と同様、自宅にまた手紙が届いた。

 

www.irukasan.com

 

f:id:pprp:20171226122921j:image

 

 因みにこれは二通目の手紙で、一通目の手紙は完全に無視していた。

 多分、この二通目の手紙を無視するとまた前回のような手紙が自宅に届くのだろう。

 

 今回は前回とは違う。ボーナスで金銭的にとても助けてもらえた。これがあったからこそ今回は一人で借金をどうにかできたのだと思う。

 

 本当に運が良かった。

 

 

 そして今日のお昼休みに長蛇の列を並び、ゆうちょのATMでお金を振り込んできたーー86645円

f:id:pprp:20171226122931j:image

 

 とても痛い出費だ。

 先月、無駄にお金を使うことをしていなければ、今は8万円も余裕があったのだから。

 そうしたら友人への借金だって今すぐにでも返すことができたのに....

 

 「どこまでも僕は愚かなやつだな」

 そんな風に自己嫌悪しながら、ゆうちょから届いた手紙に従って、僕は一ヶ月間放置し続けた電話番号に電話をした。

 

 

もしもし~お金の引き落としができていないという手紙が届いていたので、今さっき振込をさせていただきました~

 

 

 

 

 

 そんな風に電話をスタートさせて、「振り込んだことを早急に確認しますね」と言われて話が終わったかと思ったのだが、たくさん質問された。

 連絡先、連絡先に繋がらなかった時の連絡先、会社の電話番号など、もうこれで縁が切れるのだからそこまで僕に聞く必要なんてなくね?って思うほど聞かれた。

 前回通り、会社の電話番号以外はしっかり答えておいたーー会社の番号は教えたくない。

 

 カード(クレジットカード)の利用は停止されていて、来月の請求も今のところないということなので、「今までご利用ありがとうございました。」と言われその後に向こうが何か話そうとしていたけれど、僕は「では、失礼致します。」と言って無理やり電話を切った。

 

 なんだろう、今回の電話担当者はいい人だけれど、どうしてもこの会社と電話するのは苦手というか、好きになれない話し方をしてくる。

 

 もう話をしなくて良い、この会社と関わらなくても良いのだと思うと、とてもスッキリした気分になった。

 マイナスなことが一つでも終わるということはとてもいい気分だ。いい気分でこれからもこんな気持ちになれるよう、努力していかなければならないなと清々しい気持ちで思った

 

 

 ーーというのは嘘だ。

 

 どこの会社の借金を返済しても、借金を全額返済しない限りスッキリなんてしないーーするわけがない。