借金でお金を無くして滞納もしている現実の中、さらに昨日は僕の帰る場所もなくなった。

スポンサーリンク

 

 どうも、クズブロガーのなっつです!!

 

 休み明けの月曜で憂鬱な日ですが、僕はもっと憂鬱な気分です。

  僕の帰る場所が消えました。

 

 別に家が燃えたとか崩れたというわけではありません。

 同居している母に「出ていきなよ」 と言われてしまったので、僕は本当に帰る場所がなくなってしまったのです。

 借金があって、その借金も支払えない状況で家を出ないといけなくなったとなるともうかなりヤバイ状況です。

 

 正直、これからどうして行けば良いのかまったくわからない状態だ。 

 

 

経緯

 昨日の夜にあった出来事だ。

 母が仕事に行っている間、休みだった僕は給水ボトルに水を入れに行こうと思っていたのだけれど、金曜日からずっと風邪を引いていたので外に出られる状況じゃなかった。案の定、その日も外に出られる気力がなかったので給水ボトルをそのままにしておいた。

 

 母が帰ってくると「水入れてくるから、私の車の鍵を取って」と言ってきたので僕は「ごめん、行ける気力が無かった」と言いながら母の顔を見て鍵を渡そうとすると、「なんで水入れてこねーんだよ。」と顔にはっきり出ていて、謝ったことに対して一言もなく、何も言わずにそのまま外に出てしまった。

 

 今では何故か覚えていないが、そのことに今まで母に対して我慢してきたことが爆発した。僕は自分の部屋の窓ガラスを思いっきりぶん殴りだしたーーよく割れなかったと今では思っている。

 

 母がその音を聞きつけて「何今の音!!!私への嫌がらせのつもり??」そう言いながら玄関の鍵を空けて家に入ってきた。

 そこからは言い争いになった。

 全部言った。

 十数年我慢し続けたことすべてを言った。言ってやったーーやり遂げたじゃない、やってしまったという気持ちのほうが大きい。

 

「そんなに我慢していたなら出ていきなよ」

「出ていっていいよ」

 

 そう言われた。

 

 こうして僕が帰る場所であって帰るべき場所は小さな出来事がきっかけで簡単に無くなってしまった。

 

 

その後の話

 その後と言っても昨日の夜に起きた出来事、何かしらの進展があるわけじゃない。

 変わったことと言えば、朝、家に居づらかったことだけだ。それ以外は、「眠いな~」、「借金どうしようかな~」、「会社行くまでがめんどくさいな~」なんていつもと同じことを思いながら今こうして会社にいる。

 

 

借金のある僕がこれからどうしていくか

  どうしていくだろうね。正直なところわからない。

 

 ただ確実に言えることなら一つだけある。

 家を出ていけば、母との縁は切れるだろうし会うことは絶対に無いだろうーー縁が切れるはまた違うか、母から借りているお金を返しに家の前までは行くか母の口座にお金を振り込むくらいの繋がりになるだろう。

 

 それで良いのだろうか?

 こんな同しようもないことで家族との縁が切れてしまって良いものなのか、僕にはそれがわからない。

 

 周りの人はよく言うーー親はうざい。いなくても良い。

 しかし、僕はずっと前から気づいてしまっているーー家族はいるだけで幸せで楽しいものなのだと。

 

 あ。そうだ。もう一つ確実なことを言えるな。

 「出ていく」「出ていかないか」で僕のこれからの人生を大きく左右する出来事になるのも間違いないだろう。

 

 とりあえず今日帰ったら昨日のことは謝ると思う。

 多分、謝ってもグチグチ何かを言われるに違いない。それは今まで経験してきたことだし、僕が母に対して嫌だなって思う一部のことだから。

 そうなれば僕はどうするかわからない。変なことは起こさないが、「出ていく」それだけは間違いなく選択するだろう。

 

 出ていくことは借金のある今の僕にとってはかなり勇気のいることなのかもしれない。

 というか、無謀な挑戦だよな。

 借金のある僕がこれからどんな選択をするかわからないが、選択をすることになったときには真剣にこれから先の将来設計を考えないといけないなと思った。

 

 車上生活するにしても夏までにはどうにか家に住みたいな....