借金をしているカードローンの現在の総額

スポンサーリンク

 

 どうも、なっつです。

 

 皆さん、夏バテにはなっていませんか?

 

 僕は会社に出勤しただけで「ふぅ~疲れた~」 なんていつも思ってしまいます。

 そんなことじゃまだまだ続く借金の返済生活をやっていけないんですけどね笑

 

 

 さてさて、余談はここら辺にして本題のほうに入らせていただきます。

 

 

 これから先、どうやってお金を稼ぐのかではなく、どんな風に返済していくのかを今更だけれど考えていかなければならないなと思って現在のカードローンに関しての借金の総額をまとめてどう返していくのかを書いていきたいと思います。

 

そもそもなぜカードローンだけの総額なのか?

 車のローンだったり、奨学金などもありますが,,,まずはカードローンで出来た借金を返済していくだけを考えて計画していくという結論になったので、他にも借金はありますがカードローンを中心に考えることにしました。

 

カードローンの総額

◯プロミス

89585円

◯レイク

246517円

◯アコム

418232円

◯アイフル

352508円

◯イオンカード

231201円

◯セゾンカード

484145円

 

総額・・・182万2188円

 

  あくまでもこれは自分に請求が来ている分のカードローンであって、母が肩代わりしてくれた分の借金は含まれておりません。

 

 このときのお金を母に返していかなければならないので、カードローンでの借金は少なめに計算しても約40万円ほどあるかと思われます。

 

 そうなると...カードローンだけで考えると約220万円程の借金があるということになりますね....

 

 う~ん,,,カードローンだけでこの金額となると頭がクラクラしてきますね。

 

約220万円の借金をどう返済していくか?

 

 とにかくこの約220万円の借金をどう返済していくかを考えた時に思うことが一つあった。

 

 「220万円って自分の年収よりも下だよな?」

 

 自分の年収より少ないんです!!

 

 そう考えると、1年間の間に何もお金を使わなければこのカードローンたちの借金は無事に返済できるということになりますね。

 

 

本当に一年間で220万円ものお金を借金の返済に使うことができるのか?

  その気になればできるのかもしれない。しかし、ちょうど去年に社会復帰をして1年ほど経ったけれど実際ところ、220万どころか100万円も借金に対してお金を使えことが出来ていないのだと思う。

 だから、今の生活をそのまま続けていたら1年で220万円ものお金を借金に対して使えないことは明白だ。

 

普通に生活をしてこの220万円の借金を返済するには3年程必要

 

 単純に220万円を36ヶ月で割ると、1ヶ月約62000円の支払いになる。実際、月に11万ほど借金などのお金を支払っているが、そのうちの6万円くらいが利息やただの支払いを除いた金額になるのだと思う。

 それを踏まえて計算すると、普通に今の会社で働いているお金だけでカードローンの借金を返済するのであれば約3年は必要になる。

 10代の頃なら「3年で終わらせられるんだ!!」なんて楽観的な気持ちで要られたのだけれど、25歳になった今では正直に言って3年がものすごい重たく感じるーー10代の気持ちで例えるなら15年ほど沢山の時間を使ってしまう事に感じてしまう。

 

自分よりも若い方に伝えたい

 

 「借金をしたのは自分だからしょうがないじゃないか、諦めよう」

 

 そんな風には考えたくない。

 焦りばかり出てくる。

 

 もっと20代でやりことがある。

 

 好きなところに出掛けたい。

 

 いい加減服も買いたい。

 

 社会人なのだからそろそろ時計も買いたい。

 

 やりたいことがたくさんある。

 

 それを出来なくさせているのは、僕に借金があるから。

 

 お金を借りられるというのはすごいことであり、本来嬉しいものなのだと思うただ、使い方や本質を見失えば今すぐにでも苦しい生活を送ることになる。

 

 

 その事を自分よりも若い方々に少しでも理解していただけたら良いなと思います。