HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金を放置。現実に向き合う大切さ

スポンサーリンク

 

 どうも、なっつです。

 

 僕は同棲生活を終わりにした後、まったく借金の金額を見ませんでした。

 

 ーーと言うより、見れなかった。

 

 いわゆる現実逃避ってやつ。

 

 今考えれば、「なんであの時は借金の金額を計算したり、その月の支払金額を確認しなかったのだろう?」と疑問を持っている。

 

 今さらあの時のことを書いているから、その時に自分がどう思って借金に向き合わなかったのかが正確にはわからない。

 

 なぜ借金を放置していたのか?

 さっきも書いたけれど、完全に現実逃避していたのだと思う。

 同棲生活が終わり、残ったのは多額の借金。しかも、無職だったから何も考えたくなかった。

 借金の総額を見たところで収入がないのだから、返せないに決まっている。

 

 「僕には多額の借金があり、その借金を返済することができない」

 

 そんな現実から見たくなかったのだと思う。受け入れたくなかったんだろう。

 

 

 放置している間にしていたこと

  ほぼ毎日スロットを朝から晩までやっていた。

 

www.irukasan.com

 

 なぜかって?

 

 収入がなく、返済期限の近い借金を返すには短時間で稼げるスロットが良いのではないかと思ったからだ。

 

 

 といえば少しはそれらしい言い訳になるのかもしれないが、心の奥底は違う理由だった気がする。

 

 

 「スロットを楽しみたかったから」

 

 これがスロットをほぼ毎日やっていた理由なのだと今は思っている。

 

 その日に打ちたい台に座って演出を楽しんでいるのだから、設定なんて入っていないであろう10スロを適当に打って遊んでいたのだからそういうことなんだろう。

 

 もっと言えば、「現実逃避していればそのうち誰かが助けてくれるだろう」なんて思っていたのだと思う。

 

 

 「そのうちなんとかなるさ」ってね。

 

 

  ならねーよっ!!!(怒)

 

 

借金を放置した結果

 今では少し前の話になってしまったが、クレジットカードの支払いが約40万ほどに膨れ上がっていた。 

www.irukasan.com

 現実逃避を辞めて、支払いの相談をしたくていろいろな会社に電話したのだけれど、この会社に断られ続けて戦った話もあった。

 今思えばこの話も懐かしい。

 

 一ヶ月ごとに支払いをしっかりしていれば、ここまで大きな請求が来ることはなかったのに....と反省した。

 

 

 

現実と向き合うことの大切さ

 僕みたいに借金をしていてもなお、現実逃避する人はなかなかいないと思うけれど、同じ立場の人がいるかもしれないので伝えておきたい。

 

 目を逸らしただけじゃ逃げたことにもならない。

 行動を起こさなければ何も始まらないし、終わりもしない。

 

 どんなに気持ちが辛くなっても、現実と向き合うべきだ。

 

 

 同じ立場の人、いや厳密に言えば....

 

 過去の自分に一番伝えたい言葉なのかもしれない。