HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛過去

借金を滞納している会社に電話したのだけれど、言っていることがめちゃくちゃだった

スポンサーリンク

 

 お疲れ様です。なっつです。

 

 今日は借金を滞納している会社に電話をする約束だったので、お昼休みに電話をしてきました――電話したくなかったけれど。

 今回も僕から話すことがないのですぐに電話を終わらせてやろうかと思っていました。

 

 それでも話の本題に入るまで7分ほど経っていました――無駄に待たされるのも電話をしたくない一つの理由だ。

 

 担当者「今月の27日までに振込をされるお話になっていますが....」

 僕「いや、絶対に振り込めるとは言っていませんし、日にち違いますよ?」

 僕「前の担当者とはちゃんと29日にそちらが振込を確認できるように振り込むって話しました」

 担当者「えっ、こちらでは28日に確認できるように振り込むというお話になっているのですが。」

 なんだこれ、いろいろ話変わりすぎだろ。

 僕「いやいや、確かに29日に確認できるように振り込むって言いましたよ」

 担当者「こちらには28日に振り込むと伝わっているのでー」

 どっから伝わったんだよ!

 僕「あーじゃあ、わかりました。28日に確認できるようにします」

 僕「28日のお昼に振込をすればそちらで当日確認できますよね?」

 担当者「すみません、こちらでは当日確認はできないんですよ。だから、27日の17時までに振り込んでいただかないといけないんですよ」

 うそぉー!この間、お昼に振り込んだ時に少し経って「振り込みましたよー」って電話したら確認取れましたとか当日に言っていた気がするのだけれど――電信振替だからなのかな?

 というか、そもそも僕は29日っていう話で聞いていたのだけれど。伝えても「そんなこと知りません」みたいな」態度でくるとは思いもしなかった。

 謝ってほしいとかそういうわけじゃない、「お互いに勘違いしちゃゃったんですかね~」とかでよかったのに、「こっちが100%正しい!こっちが正義だ!」というような言い方をされた――もう本当にこの会社とは関わりたくないと思った。

 

 1日も2日もあまり変わらないのだから日にちをずらしてくれたって良いと思うのだけれど......

 

 結局は自分が借金をしたことが原因なのだからどういう対応をされようと仕方のないことだ。

 それでも、少しでも気を使って分割払いを認めてくれさえしていれば、ここまで話がごちゃごちゃすることもなかった。

 返さないとは言っていない。ただ、分割払いを認めてくれるだけで助かるのに、会社の方針なのか一括で全て返さなければならない――そういうことに関しては素人だから本当にわからないのだけれど。

 

 社会って落ちるのは簡単だけれど、上がるのってとてつもなく大変なことなのだと、この会社とのやり取りを通して学んだ。

 

 滞納している借金を払えるにしろ、払えないにしろこの会社と電話するのは来週の26日で最後だろう。