HOME転職・仕事借金映画雑記恋愛同棲時代

ギャンブルを始めた時、すでに借金まみれになる未来が決まっていたのかもしれない

スポンサーリンク

 

 どうも!なっつです!!

 

 昨日は会社帰りにスロットをやりに行きませんでした!

 

 当たり前の話か...

 

 やっぱり正直に言うと勝つとか負ける以前に、あの当たるか当たらないかのドキドキ感を味わいたくなる衝動が出てくるんですよねーーあれ?これギャンブル依存症じゃねーか?(^_^;)

 

 ギャンブルに行かない生活が慣れてしまえばもう誘惑に勝ったも同然です。

 誘われたとしても行かなければやりたくなる衝動が復活することはありません。

 

 何年か前に一度、ギャンブルをやらなくなったらそれに慣れて平気になったんですよね。ただ、その後、友人に引っ張ってギャンブルに連れて行かれた結果、ギャンブルにまたハマり、今のように抜け出せなくなってしまいました。

 

 一度やらない生活に戻れたら二度とギャンブルはやらないほうが良い

 

初めてのギャンブル

 僕がギャンブルを初めてしたのは大学二年生の頃で、パチンコが最初でした。

 その時のことを今でも覚えています。

 台は「ルパン三世」でした。

 結果的には自分の全財産だった2万円をすべて使っても当たりすらしませんでした。

 当たりそうなのに当たらない。しかし、「次こそは当たるんじゃないのか?」、「投資した分を取り返さないといけない」そんな風な思いもあり2万円使い切るまで辞めることができませんでした。

 

 大学生だった頃の僕にとって2万円はかなりの大金でした。それをたった数時間で持っていかれるとはなんと恐ろしいんだ...と思って「もうやりたくない」と思った。

 

 

ギャンブルに付き合う

 一度ギャンブルに行くと「次も行こうよ!」と誘われだす。

 多分、僕の人生での失敗はこの時に「いいよ~」と言ってしまったことなのかもしれない。

 それからは誘われる度にパチンコやスロットをやって負けまくった。それでも5円スロットや1円パチンコだったので大負けしても1万円負けるくらいだったから「あーあ、また負けた」と思うくらいだった。

 

 「またバイトを頑張ればいいや」

 そんな軽い気持ちだったかな。

 

ギャンブルにハマりだす

  これも友達に誘われてパチンコ屋に行ったのだけれど、どちらかと言うと一緒に行って僕は隣で適当に打つくらいだったので、何がどうなるとすごいとかが本当にわからなかった。

 この時も友達の隣に座って「笑うセールスマン?」に座ったのですが、なんと4000円投資したら8万円になって返ってきました。友達がこの機種でそれだけ出すのはすごすぎるとかなんとか言っていたのですが、僕にはまったく何がすごかったのかわからなかったーー今ならわかる。甘デジの一撃で8万円出るとかあれ以降、他の人でも見かけたことがない。

 今まで負けていたからわからなかったが、当たればお金が大量に出て来る事を知った僕はギャンブルにハマってしまった。

 

 大学時代、それからはギャンブルばかりしていた。

 社会人になっても、多額の借金を抱えていても。

 

 僕は高校時代は「絶対にギャンブルはしない!!」

 そう強く思っていたのにこの有様だーー結局、それはココロの中で思っていただけのことかもしれないのだけれど...

 

 何がきっかけでギャンブルにハマるのか?いや、何がきっかけでギャンブルに関わるのかもわからない。

 

 もしかしたら、ギャンブルさえしていなければ借金をするきっかけになった同棲生活だって、借金を抱えないで同棲することもできたのでは無いだろうか?

 もっとタラレバ話するなら、今借金を抱えていないで普通に結婚生活を送っていたんだと思う。

 

 ギャンブルをするな、しないほうが良いとは言わないーーいや、まぁ..しないことをおすすめしたいのだけれど..

 

 ただ、周りに流されたり熱くなりすぎないように気をつけてほしい。

 

 所詮、ギャンブルなんてプロでもない限りただの「遊び」なのだから。

 

 そんなこと言って、次の日「スロットで負けた。借金増えた。」なんて記事を欠く結果にならないように気をつけまーす!!