就職活動で1番大切なことは「時間に余裕を持つこと!」

スポンサーリンク

 

就職活動をする上で1番大切なことは時間に余裕を持つことです

 

 生きていく上で避けられないこと、仕事をすることはもちろん就職活動は避けて通れない道です。

 

 当時、大学生だった僕は仕事をするのも就職活動をするのも嫌でしたーーめんどくさいから。

 そんな僕が実際に就職活動をして、採用試験の準備も大切ですが、それ以上に時間の方がとても大切なんだと思いました。

 

 就職活動で時間にルーズでいろいろやらかしてきた僕が、いま就職活動をしている学生やこれからの就活生に伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

採用試験の準備より、時間に余裕を持つことの方が大切なのはなぜか?

f:id:pprp:20170318201651j:plain

 試験会場に決められた時間以内に到着する為です。

 時間を守ることは当たり前のことですが、周りの影響ーー電車の遅延や突然の腹痛などの予期せぬ出来事ーーによって時間通りに辿り着けない場合もあります。

 

 時間通りに辿り着けないということは、スタートラインにすら立つことが出来ていないということになってしまいます。

 遅刻は自分の責任ではないですが、「遅刻」です。採用試験を受けさせてもらえても周りの人より一歩も二歩も遅れてスタートをすることになります。

 遅刻という言葉だけでネガティヴなイメージを持たれる現代社会。それを消し去るほどの何かを発揮できればいいですが、現実はなかなか難しいです。

 予期せぬ出来事が起きても、柔軟に対応出来るよう時間に余裕を持って家を出たりすることをお勧めします。

 

時間に余裕を持つことは遅刻を防止する以外にもメリットがある!

f:id:pprp:20170319142606j:plain

 時間に余裕を持つことは遅刻を防止する以外にもメリットがあります。

 実際に僕にもあったことですが、僕は採用試験を受ける会社の近くに着くと必ずバッグの中に必要な物が入っているか再度確認をします。しかし、家を出る前に筆記用具をバッグに入れていたはずなのに入ってなかった時がありました。

 受付終了まで残り10分ほどしかなかったが、奇跡的に近くにあったDAISOで筆記用具を購入したこともありました。

この時、時間に余裕を持って行動していれば「あっ、やば忘れた(笑)」なんて軽い気持ちで近くにあるお店を探せたりしたのにななんて思ったこともありました。

 

時間に余裕を持つためには?

f:id:pprp:20170319012921j:plain

 先の事を予測することが必要なのではないかと僕は思う。

 上の方でも言いましたが、予期しない出来事なんて簡単に起きます。今でも時間に余裕を持って家を出発したと思いきや電車が人身事故で止まっていて会社を遅刻してしまったなんていうこともあります。

 電車が多少遅延していても間に合う、持ち物、外見、面接でアピールすることの整理。それらを十分できるような時間も考えて行動すると良いかと思います。

 

就職活動で時間に余裕を持たなかった僕の大失敗

f:id:pprp:20170319184059j:plain

 僕が初めて応募した会社で、8時に駅前に集合という話だったので、10分ほど前に到着すればいいやと思って家をその時間に着くように出発して駅を目指しました。

 しかし、電車を待っていると安全確認で電車が停まってしまったことで予定よりもギリギリに集合場所に到着。

 休む間もなく会社に向かい、面接の待合室で待たされることになりました。そこで、会社に到着した時に渡した履歴書のコピーを見て何を質問されるか?どんな面接になるのかを予想していたのですが、僕は気が付いた。

 ーーやばい、提出した書類に不備があった!!!

 そこからの記憶はほとんどありません。

 覚えていることと言えば、面接室に入ってすぐさま不備があったことを謝った。

 

 その時の出来事。

www.irukasan.com

 

 今でも忘れない就職活動の思い出になっている。

 

 

★まとめ★とにかく時間は一番気にした方がいい!

f:id:pprp:20170326041703j:plain

 他のライバルと同じスタートラインに立つことができないほど残念なことはない。時間に余裕を持って行動できない僕みたいな人は特に気をつけることをおすすめします。もう大げさに言ってしまえば、約束の時間より2時間早く近場に着いていてもいいかと思います。

 時間に追われてバタバタした状態で採用試験に挑むのは非常に勿体無いし、後悔しますーー自分が本当に働きたいと思っている会社なら尚更。

 正直、時間ギリギリまで家でゆっくりしていたいなんて思うかもしれません。僕は怠け者の方なので自宅で時間ギリギリまでゆったりして、何かしらの予期せぬ出来事が起きて遅刻したり、採用真剣に集中できなかぅたことなどたくさんありました。

 その時は正直めんどくさいことなのかもしれません。

 ただ、そのめんどくささに負けてしまうと後で後悔する時が来ます。

 だからこそ、やらずに後悔するよりもやって後悔しないほうが良い。

 僕はそう思います。