借金が原因で当時の彼女との同棲生活が終わってから2年が経ちました。

スポンサーリンク

f:id:pprp:20170322024652j:plain

 借金が原因で当時付き合っていた彼女との同棲生活が終わってから2年が経ちました。それから同棲生活のブログを終わりにしてこの借金生活のブログをメインにブログを書いてきました。

 振り返れば2年経つのも早かったなとも思いますし、まだあれから2年しか経っていないのかとも感じます。

 

 別れた当時に書いた情けない記事です。

www.irukasan.com

 

 当時は借金をしてまで同棲生活をしたのにその相手との同棲生活が終わり、別れることになったことで「人生が終わった」と本当に思いました。

 まったく馴染みのない土地でただ一人、残ったのは賃貸の部屋と借金だけ。これからどうやって生きていけばいいのか?そもそも生きていけるのか?不安しかありませんでした。

 それから僕は借金をしてまで同棲生活をしていた時間ってなんだったんだろう?と自問自答するような生活になりました。まずは借金をどうにかしないといけない現状でもありましたが、ショックが大きすぎて何もすることが出来ませんでした。その何もしなかった時期を作ってしまったことが今も借金で困っている原因でもあるのではないかと思っています。

 忘れたい出来事でもあるけれど、借金を返済し終わっても忘れられない出来事であり、忘れてはいけない出来事なんだと思う。

 あの時の時間は終わったし、振り返っても同棲生活を借金して始めてしまった事実はもう変えられない。これからも借金を返済し終わるまで時間を無駄にしていくのだと思います。30代になってやっと落ち着きだすのかもしれないですね。そう考えると僕は貴重な20代を借金で潰して生きているんだなと悲しい気持ちにもあります。

 

 2度と来ない時間を借金で潰すって本当に勿体ないどころの問題じゃないですね。

 自分自身は20代を潰してしまっている現状は変えられないけれど、これから大人になっていく人達を同じような道に連れ込まないようにすることが出来るのではないだろうか?

 うまく伝えられるほどの文章力は無いけれど、このブログを見た人が1万人いたとしてその内の1人でも僕のように道から外れることのない人生を送ろうと本気で思ってくれればこのブログを書いている意味もあるのではないかと思っているし、そう思ってもらえるようなブログを書いていけるようにこれからも借金の返済とブログに関して努力をしていきたいと思います。

 

 

 結局、この記事で何を伝えたいのかって話ですが。

f:id:pprp:20170319043142j:plain

 

 生きていれば失敗や挫折、道から外れることってたくさんあると思う。 一番良いのはそれを経験しないことなのかもしれない。けれど、一番大切なのはそれらを経験しないように生きる努力をするよりも、どれだけ早く立ち直って前を見ることができるのかだと僕は思います。

 

 それができなかったから僕はここにいます。