2020年12月31日に人生の支えだった嵐が活動休止するなら、僕はそれまでに借金の返済を絶対にする。

スポンサーリンク

 

2020年12月31日に嵐がグループ活動を休止することを発表した。


「いつかはこんな日が来ることになるのだろう」


好きになった日からそんなことを思っていたけれど、改めてそれが現実になるとやっぱり悲しいと改めて感じる。

 

5人で嵐であって1つの存在だと勝手に思っていたから、個々で活動することになるというのは今でも信じられない。

ただ、自分の好きだった人たちが決めたことなら素直に個々の活動を応援したいと僕は思う。

 

ここからは僕が嵐に対する思い出をツラツラと勝手に語らせていただきます。

 

嵐を好きになったのは僕が中学生だった13年前の「アオゾラペダル」が発売されてから「Love So Sweet」が発売されるまでの間だった。

当時はジャニーズというなんて知らず、言ってしまえば「」なんて存在は知らなかったがきっかけは忘れてしまったけれど、「春風スニーカー」を聞いてからは徐々に嵐にハマっていった。

今でも春風スニーカーはいい曲だと思う。「ドコイク?ナニスル?気分に任せてみよう」ってね!聞いたことのない人はぜひ聞いてみてください!!

徐々にハマっていった結果、嵐の出演する番組があると通っていた塾をサボったり、曲の振りを一生懸命覚えていたの今でも記憶に残っている。「嵐の宿題くん」を観て寝不足で次の日に学校に登校していたのがとても懐かしい。

 

新曲が発表されるたびに年間オリコンランキングは何位になるかな?なんて気にするようになり、いつかは1位になってほしいと自分の中でそれが夢にもなっていた。

中学を卒業して高校生になっても嵐に飽きてくるどころか、自分も芸能界に入って嵐と共演したいという夢ができた。オーディションを受けたりもしたけれど現実はそんなに甘くなく夢は夢として自分で諦めてしまった。

「Truth」が発表されたときはこれまでの嵐の曲とは違った印象でかっこいい曲だと本当に思った。だから、この曲に関して年間オリコン1位を取れるんじゃないか?!と期待してたら本当に1位になってくれたことを知った日はどれだけ嬉しかったことか...言葉に言い表せられないほどだった。(笑)

 

その次の年も「Believe」と「明日の記憶」で年間オリコン1位と2位を獲得して2年連続で1位を取った。それと同時に家族だった犬が死んでしまった年だった。それはやっぱりとても辛かったけれど、嵐の曲を聞いたりテレビで観てなんとかその時期を乗り越えられたんだと思う。

 

それから大学生にもなり、辛いことや苦しいことがたくさんあったけれど気持ち悪い話かもしれませんが、「嵐があるから」だから頑張れる。そう思って過ごしてた。ちょうどその時期にたまたま芸能事務所の方にスカウトをしてもらった際、「もう一度嵐と共演をしたいという夢に挑戦してもいいのではないか?」と挑戦しようかとも思ったけれど当時、付き合っていた彼女となかなか会えなくなるのは嫌だなと思って挑戦しなかった。人生で一番後悔している出来事かもしれない。

 

社会人を好きなった時期よりは明らかに出演番組を観たり、CDを購入したりすることは無くなっていた。別に嫌いになったわけでもなく、自然にそうなっていた。今でもそうだけれど、僕が嵐を好きになった当時から考えたらとてつもないくらい嵐の人気がすごくなっていた。

「人気になる前のほうが好きだった。」

そんな言葉もあるけれど、僕のその部類になのかもしれない。事実、この時期にはKAT-TUNを応援するようになっていた。

 

そしてそのまま今日に繋がるわけで、ここでは書き表せられないほど心の支えだった嵐に活動休止という一旦終わりというゴールが決められた。何に関してもだけれど、終わりが見えると急に心がざわつくのは僕だけなのだろうか?というか、終わりが見えないとそんな気持ちになれないのが僕でもあるんだなって改めて考えさせられた。

 

最後に...

一時かもしれないし、このままずっとなのかもしれないけれど嵐の活動が休止になってしまうのはとても悲しい。それと同時に嵐が突っ走ってきた時間に僕は借金を抱えて一体何をしているんだろう?情けなく思えてきた。

せめて、自分の中で勝手に思うことだけれど2020年12月31日までに絶対に借金を終わらせて普通の生活に戻れるようにしようと思う。

嵐のおかげで頑張って人生を過ごすことが出来ている人達の一人でいたいから。