借金でお金が無い辛さを久々に味わった。

スポンサーリンク

 

 どうも、なっつです。

 

 先日、会社から自宅に帰宅途中の駅のホームでいきなり電気が消えて真っ暗になりました。

 

「どういうこっちゃ(笑)」

 

突然の出来事に何が起きたんだかさっぱりわかりませんでした。

 

すぐに家に帰らなくなることはなんとなく予想出来ました。

 

早く帰りたかったな....

 

f:id:pprp:20190201075640j:image

 

電気が消えてから少し時間が経つと瞬間的な停電とのことで30分くらい時間が経てば復旧するだろうと思ってました。

 

 

 

 

1時間後....

 

駅員「運転再開にはかなりの時間が掛かるとの情報が入っています。」

 

 

なんだよ、歩いて帰った方が良かったじゃないか。

でも、今さら歩いて帰っても帰宅途中で電車が動くのも嫌だしな....

 

寝て起きたら終点に着いてるかな?

 

いや、時間の無駄だ歩いて家まで帰ろう!!

 

さんなら葛藤を10分くらい続けて僕は駅から出た。

 

タクシーで帰れたらなー...なんてことも思ったのでこういう時ってどのくらい人が並んでいるのか見てみたくてタクシー乗り場を覗いてみると、ものすごい行列ができていた。

 

「あー無理、並べない。というかお金が100円も持っていないんですが...」

 

行列が出来ているからタクシーに乗らないんじゃない、乗るお金すらない。

 

つまり、行列に並ぶ権利すらない。

 

もちろんバスで帰るということも出来ないので、何も希望すら持てずに自宅へ向かって歩き出した。

 

歩いて歩きまくった。

 

途中で空いているタクシーとすれ違うたびに、「お金が無いと本当に何も出来ないな」と改めて考えさせられた。

 

自他付近まであと少しのところで足に限界が訪れ始めた。それでもなんとか家に到着した。

 

しかし、これをツイートした頃には電車が動き始めていた。結局、電車が動くのを待っていても20分くらい家に着くのが遅れるだけだった。

 

20分早く家に帰れただけでもよしとしてご飯をゆっくり食べた。

 

 

そして、次の日寝坊した。