借金生活が始まってから世の中は人を希望から叩き落とすのが本当に好きだよなって感じるようになった。

スポンサーリンク

 

 どうもなっつです。

 

半日お疲れ様ですっ!

 

昨日も借金の催促電話がたくさん携帯にきていました。

 

仕事中に電話されても出れないし、残念ながら携帯代支払ってないからかけ直すことも出来ないんです。

 

そんな中、昨夜自宅に帰るとポストに僕宛のハガキが届いていた。

 

どうせ、返済を催促する内容かと思ったが違った。

f:id:pprp:20190318235250j:imagef:id:pprp:20190318235254j:image

 

使用している埼玉りそな銀行からのカードローンの案内だった。

 

「あれ??この案内が届くということは...もしかしたらカードローンの審査通すことが出来るんじゃないのか?!」

 

 そう思って詳しく内容を確認して見ると.,'

 

 

このダイレクトメールは当社のお客さまへのご案内を目的する目的でお送りしています。

融資を約束するものではありません。

 

 

融資を約束するものではない....

 

約束するものではない....

 

あぁ、なんだよ。

ダメじゃん。

そもそも、多分ブラックリストとかそういうのに載っているだろう僕が融資なんてしてもらえるわけがないんだもんな。

 

希望を持った僕がバカだったよ。

 

まあ、それでも申し込むだけ申し込んでみようかと思う。

 

 

なんか、ここまでくると早めに債務整理した方が良かったのかもしれないと感じ始めた。