借金を言い訳にして何もしてこなかった時間

スポンサーリンク

 

どうも、なっつです。

 

約1ヶ月半振りの投稿になります。笑

 

こんなに文章を書かなかったのは、当時付き合っていた彼女と別れた時以来でしょうか...

 本当にその頃が懐かしく思います。

 その話はいいとして肝心なのは借金がどうなっているのか?って話ですよね。

 

はい、とても順調です。

 

順調に借金が増えました。笑

 

はははは。笑

借金生活を続けると少し増えようがもう笑い話みたいな感じになってくるみたいで、あんまり「あーやっちゃったー」なんていう負の感情を持つことが無くなりました。

 

親の支払いや、家計を支える為にも30万円余計に借金をしました。

後悔はないです。生きる為に必要だったのでしょうがない事だと思っています。

 

話は変わりますが、8月で27歳になりました。

やりたい事もなく、借金を返済する事以外の目標なんて何も無いです。

ただ、27歳になった事だ30代を物凄く意識するようになり、「本当にこのまま何も行動しようとしない人生でいいのだろうか?」と思うようになりました。

 

思えば、何に関しても「借金があるからどうせ無理だ。」と言い訳を作って逃げていただけなんだろうなと思った。

 

このままではいけない。自分のやりたい事、自分の後悔しない生き方はわからない。

他の人達はどう一日を過ごしているのだろうか?

どんな事を思って生きているのだろうか?

 

そう思えば思うほど、僕の中身は空っぽだということに気づかされる。

 

いつから僕の中身は空っぽになってしまったのだろうか。