情報処理の仕事を始めたらパソコンが余計に嫌いになった。

よく「好きと仕事は違う」と言いますがーーなんか言葉違うかも。ーー、本当にその通りなんじゃないかと最近思い始めた。

 

約3年くらい前に溶接の仕事を辞めてから今の情報処理科の仕事をするようになった。

始めた理由はパソコンを触ることが好きだったからとか椅子に座って作業が出来るからっていうわけではない。

ただ、「とりあえずやってみよう」って気持ちだけで始めたパソコンを使う仕事。パソコンは好きは好きではない。どちらかと言えば嫌いな部類だ。だからこそ挑戦してだめならだめでいいやなんて気持ちもあった。

正直、Excelの【SUM関数】すら訳が分からないレベルだった。だから入社したときは覚えることが多かったし「仕事はこうやって進めてくれ」なんてマニュアルのようなものがなかったから覚えることが大変だった。

それでも何とか仕事に使うExcelやaccessといったものの使い方を覚えることが出来るようになってた結果、今も情報処理の仕事を続けられている。

仕事を続けられているけれど、本音はもうパソコンの画面を見るのも嫌な気持ちになるしスマホの画面を見るのも嫌になっている。

最近、ブログの更新が出来ていないのもこれが原因になっている。

 

仕事を始めたころはとにかく覚えることがたくさんあって大変だったけれど何もかもが新しい経験しかなかったのでとにかく「覚えよう!」という気持ちで必死だった。休憩時間にはブログを更新したりする気持ちの余裕もあった。

VBAなんかが使えるようになった頃にはできる仕事の幅も増えてきた。それと同時に仕事をするうえで「意味が分からない」と思うことが増えた。

 

「意味が分からない」っていうのは、仕事内容、人間、会社の方針とか誰でも思うような不満だったりするものだったけれど、自分にとってはその不満がちょうど本当に嫌なものだったりする。

その中でも一番腹立つのが情報処理の仕事をボタンを押せば作業が終わると思っている人がたくさんいるということ。

そう思っているわりには「自分は出来ない」、「何をしているかわからない」、「作業内容が特殊だから」で済ませられてしまう。

そして「ボタンを押して作業が終わる仕事」なんてあるわけがない。

「情報処理課」とは呼ばれているが、システム化して仕事を進めることが出来ない仕事ばかりで基本的には人が手作業で行うパワープレイばかりだ。

社内で自分が一番手を汚しやすい仕事をやっているのにも関わらず、それに対して「簡単に仕事が終わる」だなんて思われていると知ってから「自分のやっていることって何なのだろう?」と思うようになってきた。

自分が努力して出来るようになったことすべてを「簡単に終わる」で済まされることに関しては相当屈辱感がある。自分よりも作業が出来る人にそう思われるのなら仕方ないと思う。でもさ【出来ない】【わからない】【覚えようとしない】って人にそんなこと思われたくないんですよ。

そんな不満を持ちながら仕事をしていたら段々パソコンを見るのも嫌になってきた。

 

仕事が終わればブログの記事を書いたりしていた毎日も気が付けば終わっていた。「ブログを書こうかな」と思ってもパソコンの画面を見る気になれない。だから毎日続けて記事を書いたりすることが出来なくなっていた。

 

好きでも嫌いでも結局、仕事になれば嫌になってくるものなのかもしれませんね。

それでも自分の好きなことを仕事にしてずっと続けられている人って本当にすごい。

 

オチは特にありません。ーーひとりっ子の特徴。(笑)