生きていれば何とでもなるっていうのは行動力のある人に限る

 

「生きていれば何とでもなる」ってどこからも資金の援助を得られることのできなくなった会社を運営している社長がそう言った。

 

会社に対してどう思ったとかそういうわけじゃない。

 

単純に借金まみれの自分も「生きていれば何とでもなる」と思っていた時もあったなーなんて思っただけだ。

 

でも最近はすこし違う。

 

確かに生きているなら何とでもなるとなると思う。けれど、それは行動力があってすぐ必死に何かをできる人だけなのだと思う。

 

有り体に言えば自分みたいに借金があってボーナスもカットされてほとんどの支払いができないのにやばいとは思っていても上っ面だけで危機感も持てずに家でYouTubeを見ているだけの自分じゃ「生きていて何とでもなる」なんて希望の言葉は当てはまらないってこと。

 

まったく行動する気にならない自分が本当にクズ人間過ぎて嫌になってくる。

 

死なないと直らないってこういう事なんだなってものすごく感じる。

 

1日を無駄に過ごして終わるそんな生活が嫌で仕方ない。

けれど何もしない。

 

いい加減にしてほしい。

 

頼むから借金を返し終わるまででいいから動いてくれよ。