結局、何も変わらない。

 

今の会社の「改善していこう」っていう言葉が1番信用できない。

 

「困っていることや業務に支障が出ていることを教えてくれ」と言われてそれに答える。

 

「じゃあ、こうやって改善していこう」って言葉が必ず出てくる。

 

そして次の日には「改善していこう」と言った人が改善してないのだから。

 

じゃあ、なっつからしたら何が嫌だって?

 

なんの仕事かわからない案件、それをどう作業して欲しいのかわからない状態で投げてくること。

 

これでよく仕事が出来るよなって感じがする。

 

気持ち的には、何のガンダムか分からないまま、パーツだけ渡されて「組み立てろ」って言われているようなものだと思う。

 

他の会社からしたら普通にあり得ることなのだろうか?

 

わからないけれど、「改善していこう」と言った本人が何も改善しようとしない日々に信用を無くし、いつものことだと諦め始めている。

 

改善しないのであれば、そもそも「改善していこう」なんて言わないでほしい。

 

社会ってこういうものなのだろうか?

 

わからん