半年滞納していたSoftBank Airをやっと強制解約出来た(笑)

スポンサーリンク

 

 お久しぶりです。なっつです。

 本当に久しぶりに記事を書きます。

 というか腹が立ってしょうがないです。

 

 半年前...SoftBank Airを解約したくて電話をしましたが出ませんでした。

 「大変混み合っておりますので....」

 まあ、しょうがないか... その日はそう思って後日、時間のある時に何度か電話しました。

 1ヶ月くらい毎日電話しました。ーー皆勤賞ください。

 

しかし、すべて「大変混み合っておりますので....」に阻まれる。

どーやったら解約出来んだよwwwって思った。

 電話が繋がらない事はネットを見て知っていたけれどここまで酷いとは思わなかった。とりあえずもう1ヶ月くらい時間のある時に電話をした。

 

いつでも「大変混み合っておりますので....」に阻まれる。

なに、この会社は電話一台しかないの?(・∀・)って思った。

 

もうどうでも良くなったので3ヶ月滞納したら強制解約されるって情報を見かけたので支払いしないで放って置いて支払いの催促が来るのを待った。

 

待ち続けた。

 

そうしたら先月の半ばに知らない電話が来たので出てみたら「新しいSoftBank Airを送ってよろしいでしょうか?」という電話が来た。

 

驚いた。強制解約をされていない事に驚いた。

 

解約したいと思っているのでいらないです。そういうと...

「こちらでは解約出来ないので、専用の電話番号にかけて手続きを行って下さい」

 

それが繋がんねーんだわ(笑)

 

なかなか繋がらないんですよねーと伝えると「そうですか、申し訳ありません」と言われて終わった。

 

後日、滞納金どんどん溜まっていく事に恐怖が出てきたのでまた電話をしてみるが「混み合っているので...」と阻まれるがずっと繋げっぱなしにしておく事にした。

何分くらい経ったのだろうか?

皿洗いが終わる頃になってやっと「もしもしー」と聞こえた。

その言葉を半年間待ちました。

 

そこから解約の話をして、今いくら支払わないといけないのかを聞いたら半年分溜まっていた。

 

滞納していた分はもちろん払うけれど、その間一切SoftBank Airは使ってないし電話繋がらなくて今まで解約出来なかったのだから不満も正直ある。

そして9月で強制解約されていた事も知った。ならなんでSoftBank Airの別の担当から電話が10月に来たのだろうか?

 

疑問ばかり出てくる。しかし、やっと無駄な出費が1つ無くなったのだからひと安心かもしれない。多分、二度とこういう契約はしないと思う。

そもそも、もう契約なんて出来なくなっていると思うけれど(笑)

 

滞納金約50000円だそうです。

 

はぁ...もったいない。