借金の返済をしながら同棲生活した感想【準備】

当時、付き合っていた彼女と同棲生活をする際にレイクから30,0000円借金をした。

  • アパートを借りる
  • 家具を買う

この為だけに借金をした。30,0000円あれば足りると考えていた。

けれど、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを買っていくとお金が足りなくなった。

借金をすることで、手に入れたその場しのぎのお金が減っていくごとに焦りを感じて、冷や汗が止まらなかった。

ついに借金をしたお金が底を尽いて、テレビと部屋の電気などの細かい生活用品が買えない状態になった。

 

テレビは自宅から、部屋の電気はクレジットカードで買うしかないと思っていた。

しかし、電気に関しては奇跡的に彼女の父親が購入してくれた。

彼女の父親には本当に助けられました。

 

【関連記事】

www.irukasan.com

 

それでも、彼女が送りたい、理想の同棲生活を実現する為に出費は大幅に上がっていった。

 

「あれも欲しい!」、「これも欲しい!!」、「もっともっと欲しい!!」(お金は出さないけれど。)

彼女の精神状態はこんな感じだった。

もう誰にも止められない。納得するまで止まることはなかった。

 

結果、30,0000円の借金とクレジットカード2種の限度額いっぱいまで使って同棲生活をする準備を終えることが出来た。

 

この時、借金は60,0000円くらいはあったと思う。

 

今になって考えれば、「なんでこんなにお金を使うことになったのだろう?」「彼女と割り勘にすればよかった」と思っている。

 

僕は新卒1年目で安月給だった為、クレジットカードの代金を含めた借金を考えたら目の前が真っ白になった。

「終わった...と思った」

 

f:id:pprp:20180723074830j:plain

 

ただ、この時は同棲生活を始めたら節約をしっかりしていこうと心に決めていた。

だから、いつかは「返済出来るだろう」と考えていた。

 

けれど、他人と同棲生活をすることはそんなに甘くはなかった。

 

同棲生活を開始してから終わるまで、こんなに心に余裕がない生活を送ることになるとは思いもしていませんでした。

 

【次の記事】

 

www.irukasan.com

 

 

 

借金を返済する励みになるので、ぽちっと応援お願いいたします...orz

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
ボタンを押して応援する